2010年12月18日

マルシェ・ド・ノエル

今月始めの週末に、アルノママたちとmarche de noel(アクサン記号出ません、すいません)マルシェ・ド・ノエルに行ってきました。
ノエル(クリスマス)が近づく12月になると、小さな町でも、クリスマスの縁日のようなマルシェがあります。

japon etc. 10月11月12月 225.JPG
(やっぱり冬でも、歌と踊りはかかせません。)

japon etc. 10月11月12月 226.JPG
(パパノエル登場!でも、アレはベビーカーで眠っていた。初・パパノエル逃す。。)

japon etc. 10月11月12月 228.JPG japon etc. 10月11月12月 229.JPG japon etc. 10月11月12月 230.JPG
(チーズ、お菓子、紅茶など、いろいろな出店があります。売り上げをチャリティーに回すお店もあります。)

japon etc. 10月11月12月 231.JPG japon etc. 10月11月12月 232.JPG japon etc. 10月11月12月 233.JPG
(アレはまだ寝てます。日も暮れてきて、雪が残る寒い日なのに、全く動じず。)

japon etc. 10月11月12月 234.JPG
(アルノパパとわたしは、ここでチョコレートクレープを。出店のものって、特においしく感じます。)

japon etc. 10月11月12月 235.JPG japon etc. 10月11月12月 236.JPG japon etc. 10月11月12月 237.JPG
(パテとフォアグラを選ぶ、アルノとアルノママ。「チョコレートの後にフォアグラはちょっと食べられない。」とアルノパパは味見もしません。
こういうところ、フランス人の繊細なところだなと、いつも思います。)

japon etc. 10月11月12月 238.JPG japon etc. 10月11月12月 239.JPG
(パパノエル、再び!ようやく目覚めたアレは、初めてのパパノエルに不思議な顔。でも、会えてよかったよ。)
(写真右は、焼き栗です。焼けてるのはおいしかったけど、生もたくさんあった。。
「もう暗いからよく見えないんだ、仕方ないよ。それに、チャリティーに協力しているお店だからいいよ。」と、食べ物に厳しいアルノも、寛大でした。)
posted by bibo at 06:00| パリ ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月17日

雪の日

ここのところの、雪の日の写真です。

japon etc. 10月11月12月 214.JPG japon etc. 10月11月12月 215.JPG japon etc. 10月11月12月 216.JPG
(起きたところのアレッサンドロ。にぎっている小さいライオンは、生まれて間もない時から、いつも一緒に寝ているドゥドゥです。)

japon etc. 10月11月12月 211.JPG japon etc. 10月11月12月 210.JPG
(アレッサンドロの部屋から見える、雪景色。)
posted by bibo at 09:30| パリ ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | べべ&子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アレッサンドロ誕生日

携帯の写真はまだできないのですが、デジカメは解決したので、写真出していきますよ!

11月10日で1歳になったアレッサンドロ。
この日は、3人で小さなお祝いをしました。

japon etc. 10月11月12月 193.JPG japon etc. 10月11月12月 195.JPG japon etc. 10月11月12月 196.JPG
(仕事帰りに、アルノが近くのスーパーに寄って買ってきた、とりあえずの小さなプレゼント。ブーブー言って遊んでます。)

japon etc. 10月11月12月 202.JPG
(近くのスーパーにしかケーキが残っていなくて、ケーキと言ってもフランしか。。しかも、おいしくなかった。。1歳でようやくろうそくが立てられるんだよ!ということで、わざとシンプルなろうそくを1本だけ!。。。なんだか、さびしい画だよな。。お祝いなのに。)

この週末には、アルノ実家で盛大にお祝いしました。
(5人だけだけど、もちろん、お昼から夜まで食べっぱなしのフランス式。もう慣れました。)

posted by bibo at 09:12| パリ ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | べべ&子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月14日

11月はこんなことがありました(写真なし)と、最近のアレッサンドロ(写真なし)

いつもここにアップする写真を撮っている、わたしのデジタルコンパクトカメラ。
私がいろいろ見てみた結果、カメラの画像をパソコンが読み込まなくなったのは、どうやらカメラが古くて、パソコン(Windows Vista)に対応していないからのようで、カードリーダーなんかを使ってパソコンに転送するしかないのかなと、考えているところです。
でも、それじゃあ、この2年くらいはなぜ読みこめていたのかと聞かれると、全くわかりません。

11月から12月はじめまでは、
 ・アレッサンドロ1歳誕生日を、我が家で3人でお祝い
 ・アレッサンドロ1歳誕生日を、アルノ実家でみんなでお祝い
  −アルノ実家の改装が進み、一階のリビングとダイニングの場所を交換しましたよ
   (白&クリーム&グレー基調に、ダイニングは赤をポイント、リビングはブルーをポイントに)
 ・雪、連日
 ・マルシェ ド ノエルに行きました
-クリスマスの出店(縁日)のようなのが、並びます。
  -アレッサンドロは、初めてここでパパノエル(サンタクロース)に会いました
 ・わたし用のクルマ306を購入
 ・レンヌ近くのお店で、アレッサンドロはパパノエルと記念写真を撮りました
 ・アルノ実家の改装〜庭編
  (木を大胆に伐採し、池もついに埋めました。夏に向けて、進んでます)
 ・おまけにアルノの誕生日

と、いろいろ写真があるのですが、お見せできず、ざんねん。。
それに加えて、日本バカンス写真も出したかったのになー。

最近のアレッサンドロはと言うと。
・まだ伝い歩き中ですが、時々自分で手を離して、直立してます。
・ぬいぐるみをみると、顔をすりよせ、キューっと抱きしめます。(家でも店でもどこのでも)
・携帯電話(本物でもおもちゃでも)を持つと、耳に当てます。(耳の上とか横の場合もあり)
・クルマが好きなようで、ブーブーブルブル言いながら、走らせています。(時々DVDでもやる)

posted by bibo at 12:05| パリ | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月10日

プジョー306 ・2

きのう買ってきたばかりの、プジョー306。
94年のオートマティック。深緑色。
もちろん、中古車。
インターネットで個人売りの車を買いました。

日本にいる時には、個人売りの車を探すなんて考えもしなかったけれど、こちらでは結構あること。
ディーラーのガラージュで中古車を探すことももちろんあるけれど、やっぱり割高。
もちろんその分、手入れもされているし、間違いはないと思う。
仕事をしていれば、絶対、ディーラーのガラージュで探したと思うけれど、そう贅沢も言っていられないし、何しろ必要に迫られている。

インターネットで探すのは、私にはいろいろ判断できないので、アルノにも見てもらい、とっても良さそうな車があったので、アルノがメールを送ってくれたのが、3日前のこと。
翌日、早速返事があり、見に行くことに。

アルノは朝6:00までの勤務だったけれど
「ものすごく良さそうだから、絶対早く行った方がいいと思うから、仕方ないよ。オートマティックのいいのってなかなかないし。寝ないで行こう!」
と、午前中の約束で、朝から行ってきました。県内70kmほど離れたところ。
写真で見るより、ずっとよくて、車内もとってもきれい。
94年〜96年くらいのものって、デザインが四角から流線型へと少しずつ変化していく中間期のためか、微妙にかっこよくもかわいくもなく、あまり好きではないモデルが多いのだけど、これは2000年以降?と思わせる車内デザインで、ベージュの車内は、乗り心地ばっちり。ステレオシステムもプジョーのオリジナル。
オートマティックだけど、スポーツモードがついているせいか、ハンドルも柔らかすぎない。
フロントガラスに、小さな修正したヒビがあるけれど、問題はなさそう。
少し家の周りを運転して、調子もいいかんじ。

そして、そこの家族が。
ご夫婦と子供10人、猫3匹、犬10匹。ポニー2頭に馬が何頭かに、鶏が。。。。。
と、大家族。
そして、みんなとっても感じがいい人たち。
みんな子供好きで、兄妹でアレッサンドロを順番に見てくれて、特に12歳の男の子と14歳の女の子はアレッサンドロを取り合って遊んでいました。

車を購入することに決め、書類にサイン等をアルノがして、車の持ち主であるマダムに代金をお支払い。
アペリティフを用意してくれて、話がはずんだので、そのままお昼までごちそうになって、夕方5時ごろ、薄暗くなるまでおじゃましてしまいました。
アレッサンドロは途中で疲れて眠くなったけれど眠れず、ぐずっていたので、私はちょっと大変だったけど、子供たちが一緒にあやしてくれたりしたので、楽しかったです。
12歳の男の子ニコラは「ものすごくかわいいー!」とアレッサンドロをとても気に入って、自分のくまのぬいぐるみをくれました。
ニコラの方こそ、くったくない笑顔がかわいくて、サッカー好きの(ものすごいリヨンサポーター)美少年でした。
連れて帰ってきたかったー!
posted by bibo at 06:00| パリ ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月09日

プジョー306

車を買いました!

このままでは、フランス語を休む日が多くなる&日中も3〜4度と寒い中、アレッサンドロと4時間散歩することに限界を感じたわけです。

今は、アルノが仕事の日は、バスでフランス語へ行っているわけですが、朝1番のバス、8:17。
フランスの日の出は、ここのところ8:20前後なので、家を出るときは真っ暗で、サンマロ市内に入る頃にはすっかり明るくなってるというかんじ。
市内で一度バスを乗り換え、授業が始まる9:00ちょっとすぎに着いていたのだけど、先週の火曜日にいつものようにバスに乗ると、いつもの高速な国道(高速なんだか普通の国道なんだか未だに理解しがたい)にのらず、脇道へ。
なぜだかわからないけれど、住宅街を「タッタララッ タララッ タララ♪」とのんきな音楽がバックに流れてきそうなほど、のどかにのんびりと走って行き、もちろん乗り換えのバス停には、予定時刻より遅れて到着。乗り換えるはずのバスには間に合わず、次のバスまで15分待つことに。
いくら太陽が出ていても、とても寒くて待っていられないので、5分後に来る逆回りのバスに乗って(遠回りだけれど、15分待ってバスに乗るのと、到着時間が変わらないので)、20分遅れてフランス語クラスに着きました。
なぜ、急にルートが変わったのか、いまだに不明。

私の場合、フランス語クラスを受けるのは義務で、欠席が多いとOFII(http://shimakofrance.seesaa.net/article/162792029.html)から注意を受け、あまりに多いと受けられなくなるので(そうすると、来年の滞在証がもらえない可能性が大)あまり欠席もできないし、毎回おくれて授業に入るのも、とてもイヤなもの。

でも、車があれば!
わざわざ40〜60分バスで通わずとも、20分でクラスに着くし、お昼に授業が終わった後も17:10の帰りのバスを待たないですぐに帰れるし、ギャルドリー(託児所みたいなところ)がない金曜日にアルノが仕事の場合も、午前中だけならアルノママにアレッサンドロをお願いしやすいから、クラスを休むことも減る!

プラス、買い物も散歩も、したいときにできる!
(この気分転換は、思いの外、大事!実際にしなくても、いつでも出かけられるという気持ちの自由が必要!ということを、この1年10か月で実感。)

と、えらそうにいろいろと書いていますが、車の購入、父に助けてもらいました。。
この歳になってまで、本当に申し訳ない。。
私が仕事をしていないのと、クルマ災難続きだったのを不憫に思ったらしく、父から申し出がありました。
何かいい形で、きちんと返して行きたいと思います。

posted by bibo at 12:39| パリ ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月08日

写真が

ひさしぶりなので、まとめてババッと写真をアップしようと思ったら、なぜだか、パソコンがカメラを認識しないため、画像が読み込まれず、新しくした携帯で撮った写真をパソコンに!と思ったら、USBモデムがみつからない(携帯にCDが付いていなかったので、ダウンロードしようとしたけど、携帯電話会社のサイトで見ても、わからなかった。。)ので、パソコンに落とせず、結局、何にもできません。。

なんでだ?

携帯はともかく、デジカメから写真が転送されないのは困るなあ。いままで、なんともなかったのに。。

クリスマスメールを作ろうと思っているのですが、こんなわけで進みません。
こういう時に、日本の大型電気店へ行って相談したりできないのが、不便です。
(パソコンもデジカメも日本製品なもので。)
逆に、携帯の写真をパソコンが読み込めるようにソフトをダウンロードするのに、言葉がよくわからないので、ひとりではいろいろ時間がかかるのと、アルノは電子機器に強くないので(配線は得意)、こういうのも、不便です。(携帯はフランスで買ったものなので。)
posted by bibo at 10:11| パリ ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月17日

ルノー5

アルノ姉(2番目)夫妻にプレゼントしてもらった車。
不意のできごとでパリに捨ててくることになったプジョー406のあとを、セダンを買うまでのほんの数日だったけれどカバーしてくれて、これからは私の脚になってくれるはずの車、ルノー5。

早速、こわれました。

安全性と利便性を考えて中古のセダンを買った日、乗って戻って来られないので、アルノ実家に置いておいたルノー5。
おととい、アレッサンドロの誕生祝いのあと(1歳になりました!)、実家から乗ってこようと思ったら、エンジンがかからない。
「バッテリーだね。明日、昼間にみて、夕方までに乗って行ってあげるから。」
とアルノママ&パパが言ってくれて、その夜はそのまま帰って来たんですが、きのうふたりがやってきて、
「エンジンが、かかるかと思ったら火を吹いた。だから置いてきたよ。」

コントロールテクニック(車検みたいなかんじ?修理工場とは別の、専門のところでやってもらう)をパスしてきたばかりの状態で、もらったルノー5なのに。
ものすごく古い車だとしても、コントロールテクニックをパスして。。
なんのための、コントロールテクニック。。

ということで、私はまだ運転していません、ルノー5。
簡単に直ればいいけど、高くつくようなら修理できません。。セダン買ったばっかりだもん。。

posted by bibo at 03:02| パリ 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月09日

ひとやすみ

今日はようやく、ちょっと時間ができました。

日本から帰ってきて、車が壊れて、アレッサンドロが一晩入院して(高熱が下がってから、お腹と背中全面に発疹したので、「突発性発疹」だったんだと、日本の本を見てひと安心。三日くらい前に、湿疹も全部消えて、アレッサンドロもご機嫌になりました。)
フラ語クラスが再開して、formation civique(フランスの歴史や社会の仕組みなどを学ぶ、必須の講習)を受けにレンヌまで行って、車を買って。。
などと、毎日落ち着く間がなかったので、ちょっとひとやすみ。

今日は語学クラスの日なのですが(火曜金曜の午前中、週2回)、ルノー5の運転練習をする暇がなかったので、1年半ぶりのマニュアルカーをアレッサンドロを乗せていきなり走るのは、ちょっとこわくて、バスで行こうと思っていました。
そこで、時刻表を見に行くと、朝1番のバスが8:17。
(夏にあった7時台のバスがなくなってる。)
バスの乗り換えがうまく行っても、9時には少し遅れるなと思いながらも行くつもりだったのですが、帰りのバスが、午後の1番が17:00。
散歩したり、買い物したりして時間をつぶそうかと思ったけれど、途中でアレッサンドロのおやつとか、お昼寝とか、それにこの、雨が降ったりやんだりの寒空の下、5時間赤ちゃん連れては無理だよねと思って、今日は休みました。

時間がちょこっとずつでき次第、また人数がとても増えてた語学クラスのことや、formation civiqueのことなど、書いていきたいと思います。
まあ、たいしたことは、何もないんですけどね。
posted by bibo at 22:48| パリ 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月06日

プジョー406

日本から戻ってきたら、アルノの親友の家に置かせてもらっていた車が壊れて工場に入っていたことは、さらっと前に触れました。

どうやら話を聞いてみると、私たちが日本に発った後、アルノ親友が、私たちの車を運転して家まで戻ってくる途中、急に走れなくなってきて車が止まって、JAF的なトラックで工場まで持って行ってもらったとのこと。エンジンオイルが全部流れ出てしまったようです。
いろんな人たちの意見によると、この車が、こんなところが自然に壊れるなんて、ほとんどあり得ないらしく、
やわらかく言うと「おそらく運転の仕方に問題があったのでは?」
いろんな人たちの言葉の通りに言うと、「その親友が壊したんだよ!」
と、みんなが口をそろえて言っているそうです。

一方、アルノ親友は自分が何かしたのかも?的なことを全く言わないので、もちろん謝ることもなく、心配するでもなく、状況説明も曖昧な言い方で、何とも的を得ない。
高速道路で車が止まって、トラックで工場に運ばれたって言ってたけど、家の前にオイルが流れた後が残っているのは、一体なんなの?
私は全く何やらわからなかったので、「それって、どういうことなの?」とアルノに聞いていると、「心配しないで、bibo。大丈夫だよ。」と逆にアルノ親友に言われる始末。

結局、車を修理するとなると、他の部分も見たりしなければならず、かなり高くつくと言うので、そのまま工場に引き取ってもらうことにし、ブルターニュまでは、そのアルノ親友が自分の車で送ってきてくれました。

車は失くなって、送ってもらった往復のガソリン代を払って、なんだか腑にも落ちなくて。。
アルノが、いつも車の状態には気を配って、車に乗っていたのを知っているし、ホイールも新しくしたばかりだし、とっても残念。
大きい都市と違って、電車もバスも1日に4〜5本しかないうちの方では、生活には車が不可欠。
何より、車がないと仕事に行けない!
明日の夜から、もう仕事なのに!!

なので、アルノママ&パパに協力してもらえないか電話をし、続いてアルノ姉(2番目)のところにも帰ってきた報告と車のことを電話で話しました。
すると間もなく、アルノ姉から電話があり、車を1台くれるとのこと!
だんなさんが先月、300ユーロ弱で買った小型車があって、コントロールテクニックが終わって戻ってきたばかりで、まだシートやら掃除やら何も手をつけてない状態ではあるけれど、
「クリスマスだし、やるよ!」
と。

ということで、今は、まだ大変汚い状態のままの、小さいルノー5に乗っております。
アレッサンドロのためにも、明日は車内を掃除して、シートカバーを買ってこようと思います。
でも、本当に助かった。。
いつもいろいろと、どうもありがとうございます!!

補足ですが。。
最近、マニュアル車免許を取ったアルノ親友。
(以前も持っていたけど、失効したので、取りなおした。)
マニュアル車は以前から苦手らしく、アルノがまだパリ近くに住んでいたときに、アルノの車を運転させてあげると、車の正面をぶつけて壊れたことがあるらしい。
2度も。
「いろんな人」の言う通りであれば、今回は3度目か。
真相は藪の中。




posted by bibo at 10:54| パリ ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
プロフィール
名前:bibo
誕生日:1973年
性別:F
一言:フランス語猛勉強?!しながら、写真と料理を!
愛すべきフランス人の偏見にどれだけ耐えられるか?

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。