2011年07月18日

なでしこーーー!

サッカーワールドカップ、なでしこJAPANが優勝!!

いい試合だったし、優勝なんて夢のよう!
男女合わせての、本当の初の★を獲得。
すごい!かっこよかった。
嬉しくて、日本人の誰かと分かち合いたくて、すぐ東京に電話しました!
(絶対に寝ないで見ているだろうと思ったYさん、すでに泣いて喜んでいました!)

「どんなにすばらしい試合であっても、2番だったらすぐにみんな忘れてしまう。
でも、1番は違う。優勝って特別なんだ。
地球が終わることがあっても、ユニフォームについた星は消えることはないんだよ。」

と、やっぱり大喜びのアルノの言葉。
ネットでテレビ番組表をきのうチェックしたら、サテライトの放送となっていたので、「決勝なのにみられないじゃん!」と見ていなかったのに、何気なくアルノがテレビをつけるとやっていた。その時、すでに105分。
試合開始から見られなかったのは、本当に残念だったけれど、胸が熱くなる試合を、そして歴史的な勝利を見ることができて、うれしかった。

おめでとう!なでしこJAPAN。
posted by bibo at 07:19| パリ ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | foot | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月14日

ワールドカップで認識

サッカーワールドカップ初日、フランス戦がありました。
ジャッジは日本人。

その日は、わたしの機嫌がものすごく悪くて、フランス戦にテンションが上がりっぱなしのアルノと正反対に、どんどん気持ちがおちて、イライラが増していきました。
そして夜。フランス戦。
アルノの同僚で親友のジュリアンが、仕事が終わってからうちに来て、一緒にサッカー観戦。
私は機嫌が少し落ち着いてはいたのだけど、アレッサンドロのことをいろいろしていて、なかなかテレビを見れずにいると、テレビの前から
「オー、シノワー、ラ!」
とか
「セ クワ サー、ジャポネ!」
といった言葉が聞こえてきました。
間違いなく、ジャッジのことを言ってる。。アルノとジュリアン。。

別に、ジャッジに文句をつけるのは全く気にしません。そんなのはよくあること。ただ、日本人に「シノワー(中国人)」とか「なんだよそれ、日本人」みたいな言い方にカチン。
フランスではこういう言い方、よくあることです。日本人に対して悪意があっての言い方とは違います。
なので、ふだんならスルーしていたかもしれません。
けれど、その日は機嫌が悪かったのです。
落ち着いてきていた機嫌がまたイライラ。それに、知らない人ならともかく、家族やその友達にそういう言われ方をしたことに、余計に腹がたってイライラ。
大体、ジャッジは「彼」の問題であって、日本人とかアジア人とか関係ないし。

日本にいた時は、「日本人であること」について考えたことも、特に意識したこともありませんでした。でも、こうして外で暮らしていると、周りから、いやでも自分が「日本人であること」を認識させられます。
でも。。
こんな形でしか、日本人であることを考えないなんて、やっぱり私の意識が薄弱すぎる?アイデンティティとは?
posted by bibo at 11:02| パリ ☁| Comment(8) | foot | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ワールドカップ

チャンピオンズリーグをテレビで見るには、有料のチャンネルなのですが、ワールドカップは普通に見れます、全試合!
宅配もするピザ屋さんでは、毎日の試合のスケジュールをピザの広告とともに、お店に置いて配布しています。
海で会った見知らぬおじさんとも、その日の試合の話になります。
まあ、フランスなので当然といえば、当然。

ということで、いよいよ今日は日本の初戦、対カメルーン。
フランスでは16:00開始予定。(だと思う。)
今回、日本チームにあまり熱くはなっていないのですが、このグループはなかなか難しいチーム揃い。対カメルーンだって難しいのですが、カメルーンの他は、もっと勝つ可能性が低いので、やっぱり見ておかないとと思います。

今日は、食料の買い物に行く予定だったので、
「買い物に行きたいけど、日本戦を見たいから16:00までには帰ってくるように、早くでかけよう!」
とアルノに話していたのですが、日本戦の前にオランダ×デンマーク戦があることに気づいて、今日は買い物に行くのをやめることにしました。どちらかと言うと、オランダ戦の方が見たいし。

夜は、イタリア戦!
アレッサンドロ・デルピエロはいないけれど、やっぱりいちばん気持ちが入るのはここ。



posted by bibo at 10:13| パリ ☁| Comment(0) | foot | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月16日

マルセイユ×ACミラン

チャンピオンズリーグ、よかった!!

とっても良い試合でした。
マルセイユ×ACミラン。

ミラン優勢の試合(インザーギが得点)から、マルセイユが1点を返し、マルセイユのスタッドはものすごい盛り上がり!
マルセイユ&サポーターの強いプレッシングの中、インザーギが再びゴール!
と、結果的には1−2でマルセイユは負けてしまいましたが、内容は本当に良い試合でした。
試合のスタートから強い雨の降る中、両チームともすばらしかった。

私は代表選手くらいしか、リーグ1の選手を知らないのですが、エムビアって、すごい!
FWが仕事をなかなかさせてもらえないのは、良いチームが相手であれば当たり前。やっぱりこんなとき、MFのボディバランスというか、強さがゲームを左右するよなーとあらためて感じさせられました。
以前ユベントスの監督をしていたディディエ・デシャンが率いるというのもあり、イタリアびいきの私も、マルセイユは応援しているチーム。
(ごめんなさい。。長くフランス代表を率いたキャプテンであるデデを、ユーベでくくってしまって、本当に申し訳ない。。)
今日は、おもいっきりマルセイユを応援しました。

それにしても、36歳にしてチャンピオンズリーグで2得点のフィリッポ・インザーギ。
実力は言うまでもなく、常にチャンスも持っている、本当にすばらしい選手に脱帽。


見ることはできなかったけれど、ユベントス×ボルドーも、1−1で良い試合だった様子。(ユベンティーノの私はユーベにも勝ってほしいので複雑ですが。)
この調子でリヨンもがんばってくれて、フランスのチームが残って行けば、リーグ1に良い選手が残ってくれるようになるのでは♪ 外からも集まってくれるのでは♪
と、淡い希望を抱いています。

プルミエやリーガと違って、お金はないみたいだけど。。
posted by bibo at 08:33| パリ | Comment(4) | foot | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月08日

アンリがサジを投げる?!

ワールドカップ予選。
ルーマニアに1−1で引き分けたフランスは、国をあげての大問題となっています。

早朝のニュースから、ティエリ・アンリを始めとする選手とドメネク監督の確執?というか、「自分たちもどういうゲームにしたらいいのかが、(ドメネクがどうしたいのかが)よくわからない」的なアンリのコメントが出たり、信頼関係はすっかり壊れている様子。

招集されるべき(でも現在フランスチームから外れている。。ジュリとかトレゼゲとか)選手とドメネクの関係や、練習内容のことなど、いろんな話がニュース番組で特集されたり、サッカー解説でおなじみの人々がならんで、特別番組が長時間に渡って組まれていたり、とりあえず、詳しい内容はわたしにはわかりかねるものの(ごめんなさい。。)、間違いなく大問題になっています。

そこで、ルーマニア戦を見ていた私の感想。
序盤から、とてもいい内容でした。
間違いなく押していたし、シュートもよく放っていた。対フェロー戦とはまるで違う。
これが本来のフランスだよねー当たり前かなーとゆとりで言えるくらい、はっきりした力の差があった。前半で2、3点入っていてもおかしくない内容でした。
でも、点に結びつかない。。

押せ押せでようやく1点アンリが決め、喜んだのもつかの間。
70分過ぎで、ルーマニアに1点返され、その後は、ただただイラただしかったのだけは覚えています。
そんな空気を変えるべく、リベリが投入され、ロベカルのごとく(ガットゥーゾの方があっているのか?)力強くボールを持ち運び、「これはいい風が吹くかも?」と私は感じたし、その後のグルキュフとベンゼマの交替も、それ自体に、ゲームに支障はなかった。
いい影響もなかったけど、残りの試合を考えて、グルキュフをさげたかったんだと思う。

とすると、ドメネク采配云々、信頼関係云々以前に、チームがただ出来上がってないだけなのでは?
「みんな一流だし、近隣でプレーしてるから、集まるのもまとまるのもカンタン!」とタカをくくっていたようにしか思えない。
たとえば、普段のチームが違っても、フランス国内でプレーしていれば、さほどの問題はないと思う。みんな同じ意識でまとまる。
でも、フランスチームメンバーは、外国に散らばりすぎている。
国が違えば、プレースタイルがものすごく違うし、どんなにスバラシイ選手でもリーグ優先のモチベーションでは、うまくいくものもいかないのは当然。

と、言うのが素人の感想です。
イタリアやスペインなどの強豪相手にはいい試合するのに、ランクで言えばかなり下のチームとは、いつも内容が良くないらしいので、研究不足?

それともやっぱり、ジダンが必要か?

posted by bibo at 08:06| パリ | Comment(4) | foot | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月25日

レンヌ稲本

日曜日に日本人の知り合いと話すまで、稲本がレンヌに決まっていたことを知りませんでした。。

なんてこと。。

週末に出かけては、その先々で試合経過&結果をみんな気にしているので、自然と耳に入ってきていて、先週末のレンヌ×マルセイユも、
「レンヌはほかのチームには特別ではないけれど、リヨンとマルセイユにはやたらと強いんだよ。今回、分けてマルセイユはほっとしてるよね。」
と、アルノと話していたところでした。

そんなアルノも知らなかった、レンヌ稲本。
でも、「稲本は結構知られているよ!」と、稲本選手のことは意外にも知っていた。
どうやら、プルミエリーグ時代の印象が強いみたい。
このマルセイユ戦には、前試合のビスコット(イエローカードのことをラスクに例えることがある)で出場していなかったのだけど、レンヌ戦なら「TV レンヌ」で見れるのかも。

日本人オーナーのグルノーブル松井選手。
今季アントネッティ監督(ガンバの監督でしたよね)のレンヌ稲本選手。
実力はもちろん、タイミングと大きなチャンスをつかんでる気がします。
中田英寿(元選手)ほど、私の周りのフランス人で話題にのぼらないものの、これからとっても楽しみです。

べべが生まれたら、レンヌのクラブチームでみっちり修行させ、日本へ輸出する計画、立て始めました。


posted by bibo at 23:32| パリ ☁| Comment(6) | foot | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月14日

ワールドカップ

おととい、ワールドカップ予選がありました。
フランス × フェロー諸島。

フェローはほかから大差で負けているので、現在2位のフランスも余裕で勝たなければいけない試合でした。
というのも、アルノの言うには、「フェローはみんなアマチュア選手なんだよ。それに対して、フランスは、バルサとかアーセナルとか、リーグ1だけでなく海外でものすごい年俸もらって活躍してる選手の集まりなんだ。8点10点入れて当たり前。アンリやベンゼマが怪我で出なくったって関係ないよ。」

そして試合を見ながら、こうとも。。
「でも、フランスはいい試合できないよ。確信がある。ほんとにだめなんだよ、今。なぜだかわからないけど、どうしようもないチーム。ほら、何あれ。どうにもなんない。
ドメネクがどうとか、そういう話じゃないよ、もう。
実際、プレーしているのは選手なんだ。ドメネクだって選手のこと、こう思ってるよ、あいつらニュル(無能だ)だって。」

そして、結果は 1−0 の辛勝。
TVの解説者も、「あいつらくだらない」とはもちろん言わないものの、ものすごい不満気でした。

これで、勝ち点3はなんとか得て、予選突破にのぞみをつないだものの、現在1位のセルビアの18点には遠く及ばず、残りの試合、ひとつも負けられないのに変わりはありません。

posted by bibo at 09:28| パリ ☀| Comment(4) | foot | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月15日

Ligue 1

遅ればせながら、サッカーのこと。
サッカー好きな私とアルノは、すばらしい!!と言われるマルセイユのスタッドへいつか行こう!と話しています。

いま、フランスはシーズンオフで、選手の移籍が話題になります。
リヨンサポーターのアルノは、毎日のようにネットでチェック。
松井大輔選手のグルノーブル移籍も、アルノから聞きました。
そういえば、バタバタと自分のことで手一杯で、せっかくフランスにいるのに、サッカー観戦のことなど、すっかり頭になかったわたし。
渡仏当初は、ディナールの街のチームの試合に行ってみよう!と意気込んでいたのに、いつのまにやら忘れていました。

そして、フランスでの松井選手を観戦したい!ル・マン×レンヌの試合をぜひともレンヌへ観に行こう!と思っていたのに、シーズンも終わり、松井選手はグルノーブルへ。。より遠くなった。。
といっても、レンヌで観戦する分にはなんの変わりもないので、「思い立ったが!」と、出産前にレンヌかロリアンで(アルノのお姉さん家族が住んでいるので一緒に行ける)グルノーブル戦を!!とスケジュールを見てみると、グルノーブルのホームはあるものの、アウェイ戦は出産直前か直後しかない。。

気づくのが遅すぎました。
気を取り直して、アルノとリヨン戦に行く相談をします。

それにしても、主力選手をつぎつぎ放出のリヨン。
今、フォワードが誰もいなくなってしまいました。
良い選手を買って来てはいるのですが、フォワードは未だ埋まらず。
店じまいでもするのか?と心配になります。

posted by bibo at 21:59| パリ ☀| Comment(3) | foot | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
プロフィール
名前:bibo
誕生日:1973年
性別:F
一言:フランス語猛勉強?!しながら、写真と料理を!
愛すべきフランス人の偏見にどれだけ耐えられるか?

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。