2011年10月23日

イギリス映画祭

今月の始め、ディナール(Dinard)でイギリス映画祭がありました。
きれいでリュクスだけれど、小さい町なのでどんなもんかなと、3人で散歩がてら、のぞいてみました。
初日、平日の昼間とあって、人はまばら。
上映中だったから、各映画館内はどうだったかわからないけれど。

2011-sep, oct 016.JPG 2011-sep, oct 018.JPG 2011-sep, oct 021.JPG
(1歳11カ月にして、初のレッドカーペット。)

2011-sep, oct 025.JPG 2011-sep, oct 027.JPG 
(どうやら最優秀賞は、ゴールデン・ヒッチコック賞というらしい。)

2011-sep, oct 022.JPG 2011-sep, oct 023.JPG
(館内には、今までのポスターが貼ってあり、レセプション・パーティーが行われるカフェにも、こんなディスプレイ)

2011-sep, oct 031.JPG 2011-sep, oct 032.JPG 2011-sep, oct 033.JPG
(映画祭ということで、店やレストランもこんな感じに。)
posted by bibo at 05:13| パリ | Comment(0) | TrackBack(0) | 行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月01日

ツール・ド・フランス 後日談

ツール・ド・フランスのコース、アルノ実家の目の前を通る話をしました。
あっという間に通り過ぎてしまうし、特に好きなわけじゃないから、わざわざ行かなくてもねーと、声援しには行かなかったのですが、なかなかおもしろかったみたいです。

ただの沿道ではなく、住宅街だったからだと思うのだけれど、オフィシャルスポンサーが、沿道のサポーター(見に来た人たち)にドリンクを配ったり、お菓子を配ったり。
車に飾り付けをした山車が出たり、とっても大きいミッキーマウスが登場したりと、ちょっとしたお祭りだったようです。

でもやっぱり行くなら、ゴールのシャンゼリゼだな。
テレビで見るだけでも、十分、美しい画です。
posted by bibo at 06:49| パリ | Comment(4) | TrackBack(0) | 行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月07日

ツール・ド・フランス

ツール・ド・フランスの真っ最中です。

今はブルターニュで、明日はアパートのすぐ近くを通過します。
アルノママから聞いていて、知ってはいたのですが、今日、ディナンの公園に子供もできるミニゴルフをしに行くと(さすがにアレッサンドロは小さすぎてできなかったけど)、ツール・ド・フランス関係の大きなトラックがとまっていたり、帰り道の途中には関係者と思われるキャンピングカーが何台か停っていたりと、どうやらディナンも通過する模様。
ディナンを通り、アルノ実家の前を通り、うちのすぐ近くを通っていくんだろうな。
せっかくだし、ちょっと見たい気もするけれど、ほんの30秒くらいで通り過ぎてしまうらしいのに、いつ来るかと長いこと道端で待つのもなー、午前中というだけで、通過する時間が決まっているわけじゃないから。

知っている人がいるわけでもないと、あまり気持ちが上がらないものですね。
posted by bibo at 09:25| パリ | Comment(2) | TrackBack(0) | 行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月11日

シーズン始まりました!

アレッサンドロの鼻風邪がうつり、アレッサンドロよりひどいことになり。。
熱出して寝込み、熱がさがってからも調子があがらずと、長引いてしまいました。

そんな間に、ブルターニュもすっかり春になり、最近の陽射しは初夏並みに暑い!
でも、それが気持ちいい!
やっと、憂鬱だった灰色の季節から脱出です。

ということで、3月からの様子を少しずつ、写真を出していきます。

これは、3月下旬のディナン。
小さいお祭りのような移動遊園地。

mars,avril 2011 067.JPG mars,avril 2011 069.JPG mars,avril 2011 070.JPG mars,avril 2011 071.JPG

mars,avril 2011 072.JPG mars,avril 2011 080.JPG mars,avril 2011 082.JPG
(アレッサンドロが気になるのは、プラスティックのあひるが流れてる、あひる釣り。金魚すくいと言うより、ヨーヨー釣りみたいなかんじ。) 

mars,avril 2011 075.JPG mars,avril 2011 076.JPG
(メリーゴーラウンド。まだ乗ったことがないけど、だいぶ前から興味深々。後ろの店では、白いパーカーを着たアルノが、くじ引きをやってます。)

mars,avril 2011 077.JPG mars,avril 2011 078.JPG mars,avril 2011 079.JPG
(なぜだか、不安げな表情。)

mars,avril 2011 083.JPG mars,avril 2011 084.JPG
(くじ引き惨敗のアルノの残念賞のイルカ。アレッサンドロは喜んでます。。。手品のように巧みな語りと手わざで、何度もくじを引かされ、まんまとやられたアルノ。ものすごく高い授業料でした。)

posted by bibo at 06:58| パリ | Comment(0) | TrackBack(0) | 行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月09日

今日は何の日?

フランスでは今週、日曜日が「おばあちゃんの日」、火曜日は「女性の日」、それに加え、月曜日はアルノママの誕生日と、何かと実家に顔を出している今日この頃。

アルノが先週みつけた、近所(と言っても歩くと20〜30分はかかるので、車で行くけれど)の公園。
町のスタッド(サッカー場)のすぐ横にあって、今まで気付かなかった。
早速、公園デビューしてきました。

mars,avril 2011 008.JPG mars,avril 2011 014.JPG mars,avril 2011 016.JPG mars,avril 2011 017.JPG
(小さい公園だけど、アレッサンドロには十分。
家では、ふたまわりほど小さいアンパンマンのサッカーボールで、ひとりでドリブルしてるアレッサンドロですが、標準サイズのボールは大きくて、蹴ってもほとんど転がりません。)

mars,avril 2011 018.JPG
(サッカー好きのアルノは、アレッサンドロ相手でも、時には真剣です。)

mars,avril 2011 010.JPG mars,avril 2011 011.JPG mars,avril 2011 021.JPG mars,avril 2011 023.JPG

mars,avril 2011 024.JPG mars,avril 2011 026.JPG
(これは、公園をのぼったところにあるスタッド。とってもきれいなスタッドで、誰でもいつでも遊べる。町の社会人サッカーチームもここを使ってます。小学生くらいの男の子たちがゲームしていました。)

posted by bibo at 11:58| パリ | Comment(2) | TrackBack(0) | 行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月28日

les bonnes fetes

12月は、お祝いごとでいそがしいです。
この週末でなく、その前の週末はアルノとアルノパパの誕生日パーティー。
この週末は、クリスマス。
そして今週末は、大みそか〜新年!
と、お祝いつづき。
11月のアレッサンドロの誕生パーティーが終わったばかりと思っていたのに、もう今年も終わりに近づきました。

今年のクリスマスは、私たちロア家3人とアルノママ&パパのみの、コンパクト仕様だったのもあって、アルノ実家に3泊4日し、3日連夜のreveillon(レベイヨン/クリスマスイブや大みそかの夜のお祝いのこと)となりました。

japon etc. 10月11月12月 013.JPG japon etc. 10月11月12月 017.JPG
(アルノパパとアルノの誕生日のお祝い。5人でアルノ実家で。
ここ、以前はリビングだった部屋が、今はダイニングになってます。知る人ぞ知る変化。)

japon etc. 10月11月12月 022.JPG japon etc. 10月11月12月 019.JPG japon etc. 10月11月12月 025.JPG
(アレはレモンに興味深々だったので、そのまま食べさせてみました。)
(まだひとりでは歩きませんが、手を離してひとりで立ってみたりしてます。っていうか、よだれ、すいません。。)
(この日、クリスマスツリーの飾り付けもしました。ちょっと遅めかな?)

japon etc. 10月11月12月 026.JPG
(クリスマスの写真はこれしかなくて。。バッテリー切れです。
5人だけのわりには、プレゼントがたくさんでした。こうやって、ツリーの下に並べるんですよ。
これ見るだけでも、楽しい気持ちになります。)


金曜日は、またアルノ実家でレベイヨンです。
今年もたくさん集まるのかな。

posted by bibo at 07:55| パリ | Comment(2) | TrackBack(0) | 行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月18日

マルシェ・ド・ノエル

今月始めの週末に、アルノママたちとmarche de noel(アクサン記号出ません、すいません)マルシェ・ド・ノエルに行ってきました。
ノエル(クリスマス)が近づく12月になると、小さな町でも、クリスマスの縁日のようなマルシェがあります。

japon etc. 10月11月12月 225.JPG
(やっぱり冬でも、歌と踊りはかかせません。)

japon etc. 10月11月12月 226.JPG
(パパノエル登場!でも、アレはベビーカーで眠っていた。初・パパノエル逃す。。)

japon etc. 10月11月12月 228.JPG japon etc. 10月11月12月 229.JPG japon etc. 10月11月12月 230.JPG
(チーズ、お菓子、紅茶など、いろいろな出店があります。売り上げをチャリティーに回すお店もあります。)

japon etc. 10月11月12月 231.JPG japon etc. 10月11月12月 232.JPG japon etc. 10月11月12月 233.JPG
(アレはまだ寝てます。日も暮れてきて、雪が残る寒い日なのに、全く動じず。)

japon etc. 10月11月12月 234.JPG
(アルノパパとわたしは、ここでチョコレートクレープを。出店のものって、特においしく感じます。)

japon etc. 10月11月12月 235.JPG japon etc. 10月11月12月 236.JPG japon etc. 10月11月12月 237.JPG
(パテとフォアグラを選ぶ、アルノとアルノママ。「チョコレートの後にフォアグラはちょっと食べられない。」とアルノパパは味見もしません。
こういうところ、フランス人の繊細なところだなと、いつも思います。)

japon etc. 10月11月12月 238.JPG japon etc. 10月11月12月 239.JPG
(パパノエル、再び!ようやく目覚めたアレは、初めてのパパノエルに不思議な顔。でも、会えてよかったよ。)
(写真右は、焼き栗です。焼けてるのはおいしかったけど、生もたくさんあった。。
「もう暗いからよく見えないんだ、仕方ないよ。それに、チャリティーに協力しているお店だからいいよ。」と、食べ物に厳しいアルノも、寛大でした。)
posted by bibo at 06:00| パリ ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月13日

フランスの夏 2

「今日、なにする?何かないかなあ、オリジナルなこと。。」
と、アルノが考えて決めたのは、海でカヤック。
誰でも、時間単位で借りられるので、「オリジナル」ではないのですが。

アルノは「オリジナルなこと」を考えるのが、とても好きです。

la famille 021.JPG la famille 025.JPG la famille 026.JPG
(カンカルですが、以前紹介した牡蠣をとるところとは違う浜辺。ここは船も借りられます。)

la famille 024.JPG
(アレが遊んでいるのは、フランスでは知らないべべはいない?!というほど有名なキリンのおもちゃ。ソフィー ドゥ ジラフ)

la famille 029.JPG la famille 030.JPG
(カヤックは、アルノとアルノパパ。アルノパパは若い頃、カヤックをずいぶんやっていたそうで、ひさしぶりのカヤックに大喜び。)

la famille 033.JPG
(砂に慣れたせいか、口に入れることはなくなり、「砂をつかんで投げる」遊びができるようになりました。。でも、口の周りになぜか砂がついてる)

la famille 031.JPG
(トランポリンやブランコなど、子供用遊具も出現します。)
posted by bibo at 09:43| パリ | Comment(6) | TrackBack(0) | 行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フランスの夏

ツールドフランスが始まり、昼間は毎日中継をやっています。
私にとっては、唯一のテレビの楽しみ、ワールドカップが終わってしまい、また毎日「何にもやってない。。」とぼやきながら、テレビを見ています。フランスのテレビは、本当につまらない。
サテライトのチャンネルを買わせるように、うまくできていると思います。

フランスの週末。夏といえば、バーベキュー!なので、私たちも友達やら家族やらに呼ばれて、バーベキュー三昧。
バーベキューと言っても、日本のアウトドア的なものではありません。
かたまり肉やソーセージ、串焼きなんかを庭で焼いたあと、テラスで着席して、普通にナイフとフォークで食事します。風があって寒かったりしたら、家の中で食べます。
。。。もうすっかり慣れたので、違和感はありません。
フランス人も「人が集まったら。。集まらなくてもバーベキュー!」と大好きに違いはありませんが、日本人ほど特別なものではないのだと思います。日本だとお花見やピクニック準ずるイベントだと思うのですが。。そう思ってるのは私だけか??

ということで、準決勝以降のワールドカップ、バーベキューでまともに見られなかった。。
そんなに特別イベントじゃないなら、ほかの日にしてほしかった。

015.JPG 020.JPG
(ツールドフランスじゃありません(笑)アルノ実家の街を周回するレース)

la famille 012.JPG
(アレッサンドロの従妹が登場!)


バーベキューの写真がなくて、ごめんなさい。


posted by bibo at 09:04| パリ | Comment(0) | TrackBack(0) | 行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月25日

兜飾りとこいのぼり

兜飾りは、悪いものから身を守り、こいのぼりは立身出世を願ってということらしいのですが。

ひな人形は、節句を過ぎて長く飾っておくと(仕舞い忘れると?)、嫁に行くのが遅くなると言われますよね。

そこで、兜とこいのぼり。
長く出してると、立身出世しないとか遅くなるとか、そういうのあるのでしょうか?

せっかくの初節句だから、せめて5月いっぱいは飾りたいと思うのだけど。

posted by bibo at 09:58| パリ | Comment(2) | 行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月24日

初節句

アレの初節句にと、日本のパピーとマミー(おじいちゃんおばあちゃん=私の両親)が、兜飾りとこいのぼりを送ってくれました。
「壊れていないといいのですが。」
とメールを受け取ってから一週間。
EMSなのに、届かない。
普段は3,4日で届くのに。でも、届かなかったことはないから大丈夫!と思って、10日目。
クロノポストというところから手紙が届きました。なんだろうと住所をみると「シャルルドゴール」と書いてある。

。。いやな予感。。

辞書を片手に読んでみると、兜とこいのぼりは税関でとめられているらしい。受け取るには、自分で購入したものならその金額がわかるものと、詳しい使用目的をメールかファックスで送って、税金を払う必要があるとのこと。そして現時点では、税金の合計金額は未定とのことでした。

。。払うのか??やっぱり。。払うよね。。

と暗い気持ちになりながら、翌日アルノに電話で問い合わせてもらい、端午の節句の説明と、パピーマミーからのアレへの贈り物であることを話してもらうと、思いのほか、好感触。
担当の人の理解もよく
「そういう贈り物なら、もしかしたら税金かからないかもしれません。かかっても、そう高くはないと思います。」
とのこと。

所定のフォーマットでこの説明をまたメールで送って、3日後。
なんの予告もなく、届きました!兜とこいのぼり。
税関からは何の連絡もなく、どうやら払わないで通ったみたいです。

フランスに来てから、いろんな場面で、担当者によって対応と結果が全く違うのを経験してきたので、こんなラッキーがあるなんて!
フランスにしては、気が利いてる!とうれしい気持ち。

早速、アルノに取り付けてもらいました。

la famille 014.JPG la famille 019.JPG
(我が家に兜飾りとこいのぼりがあるなんて、なんだか感激しました。) 

posted by bibo at 07:55| パリ | Comment(4) | 行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月26日

結婚式

10月に、アルノの親友の結婚パーティーがあり、パリ&ベルサイユへ行ってきます。

アルノがパリに住んでいた時からの、特別な親友で、去年の夏に初めてふたりに紹介されてから、ベルサイユのアパルトマンにおじゃましたり、私たちの結婚パーティーではいろいろ手伝ってもらったり、今年の夏には、バカンスにブルターニュへ来て、私たちのアパルトマンで過ごしたりと、私にとっても、ステキな友だちカップルです。

そんなふたりが、ブルターニュへ引っ越してくることになりました。
今は、サンマロやレンヌで仕事と住まいを探しているところ。
でも、結婚式を来月にひかえ、いろいろ忙しく、思うように引っ越し計画は進んでいないようで、アルノも仕事探しを手伝ったりしています。
彼は、母国のタイランドの言葉はもちろん、英語もフランス語同様に話せるし(国籍はフランス人)、バカロレアをパスし、特別な資格を取得しているものの。。。田舎の仕事探しは、なかなか大変です。。

結婚式はベルサイユの教会で。
その後は、カクテルパーティー、ディナー&ダンスと、伝統的なフランス式の終わりなきパーティーになるようです。

私たちは市役所での市長さんの式のみで教会で挙げなかったし、日本で教会の式に列席したことはあるけれど、敬虔なクリスチャンの教会での結婚式は初めてなので、とても楽しみです。

IMGP0501.JPG
(招待状は、こんなにかわいい版画とともに。右側には、ふたりの出会いと結婚の話が、神話仕立てのポエムになって書かれていて、とてもステキです。)

IMGP0502.JPG
posted by bibo at 08:20| パリ | Comment(2) | 行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月28日

教会

アルノ甥っ子の洗礼式があり、アルノ姉夫妻の住む、少し南のブルターニュへ行ってきました。

私たちとアルノママ&パパは前日からお邪魔して、お義兄さん従兄弟家族とともに夜遅くまで庭でバーベキュー。
翌日、朝からお義兄さん側の家族や友達カップルなどが訪れ、みんなで教会へ。
今まで、観光で教会を見学したりはしているけど、セレモニーの出席は初めてなので、不思議なかんじでした。
IMGP0591.JPG(甥っ子の住む町の教会。)

IMGP0600.JPG(始めにこんな歌詞カードが配られ、みんなで歌いました。フランス語と一緒に、ブルトン語も記載。さすがブルトン人。)

IMGP0593.JPG(家族の隣りにゴッドファーザーとなるお義兄さん従兄弟とお友達が立会人。)

IMGP0599.JPG(洗礼の後、立ち会い者はそれぞれサイン。)


教会の式の後は、家でパーティー。
いつもおしゃれなアルノ姉のお宅は、インテリアもステキ。
それに加えて、お料理も上手! 
お庭でのアペリティフの後、遅めのランチパーティーが始まり、宴はゲストが帰るまで続きます。


IMGP0589.JPG(テーブルセッティングもいつもステキ。日本でスタイリストできると思う!)

IMGP0601.JPG(アントレ。今日こそはお料理を覚えて帰るぞ!と毎回手伝いながら思うのに、食べるのに夢中でついメモが途中で終わってしまう。。)

posted by bibo at 07:24| パリ ☀| Comment(4) | 行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月24日

花火とダンス

夏に花火というのは、フランスでも同じ。
音楽フェスティバルに続き、地域ごとのお祭りで、夜に花火が見られます。

アルノ実家の町は小さい静かなところですが、きれいな大きな花火が、打ち上がりました。町のサッカー場でD J が音楽をガンガン流してみんな踊ったりしゃべったりして暗くなるのを待ち、夜11時近くにようやく暗くなると、いよいよメインの花火が始まります。

日本で想像するような「スタジアム」というのではもちろんなく、普通の町のサッカー場なので(どこでも町ごとにサッカー場はやはりあるらしい)、本当にものすごい近くで大きな花火が、頭の上に降りてきて、思いの外、感動し、もっと若い頃に大学時代の女友達と偶然見た、伊豆での花火を思い出しました。町の小さい通りで見た花火は、とっても大きくてグッときた覚えがあり、その感覚がよみがえりました。


その翌日。
アルノ実家のすぐ近くの町(Miniac Morvan) で、今日も花火があるとのこと。
今日は暗くなる時間を見計らって、アルノママ&パパ&甥っ子たちと合流。
ここでも会場は町のスタジアムです。
が、今日はきのうと違って音楽がすばらしい!
フランスでは、音楽に合わせて花火が構成演出され、本当にひとつの「スペクタクル」として楽しむようです。
アポロが打ち上がるような宇宙空間からクラシックなワルツを踊る様子、フランスで人気のポップスに合わせたり、スターウォーズの宇宙戦争になったりと、夜空がシアターになったようでした。
IMGP0469.JPGIMGP0475.JPGIMGP0471.JPG

本当によかった!
と、感動と同時に、祭りが終わる時の懐かしい寂しさを感じて「花火っていくつになってもいいものだわ。」と浸っていると、
「まだたぶんちょっとやってるから。」と、敷地内の公民館のようなところへみんなに連れて行かれ、入ってみると、そこはディスコテカ!

ソフトドリンクの他はビールが用意され、D Jの音楽に合わせて、その呼びかけに答えて声をあげ、老いも若きも思い思いに、時には全員で輪になったり、同じステップ踏んで、踊りまくっていました。
その様子は、まるでわたしの結婚パーティー。(ディネダンサンという形の結婚パーティーは、昼間の結婚式の後、披露宴的な長いディナーがあり、その後、ダンスパーティーとなって、朝まで踊るのですが、意気揚々と踊るフランス人を横目に、あまりの長いパーティーに疲れ果てた私の父は「こんなの普通じゃないだろ!!」と怒り狂ったほど。)
「やはり、ここでも!」
と盆踊りとの違いを感じながら、「こうやって、みんな自然に踊りを覚えて行くのねー。。」と妙に納得。

甥っ子たちも大喜びで踊ってるんだもん。

IMGP0476.JPGIMGP0482.JPGIMGP0478.JPG
(まだ人が多くないですが、この後若者達が増えてきて、みんなヒートアップしてきます。)


posted by bibo at 07:53| パリ ☀| Comment(7) | 行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月14日

音楽フェスティバル 2

少し戻るのですが、6月末に行われた音楽フェスティバル。
今回は、サンテラン(St Helen) での模様です。

ここはディナンよりも小さい街なのですが、音楽はプロかセミプロくらいのバンドが呼ばれて、夜中すぎまで特設テントでライブが行われました。
二日間の入場券6ユーロを、文化祭の模擬店入り口のようなところで購入して、街の中心に入ります。

一日目は夕方からアルノと行って、アルノママ&パパと合流。
夜が更けて行くにつれ、みんなのテンションも上がり、特に、バンドがブルトン音楽を歌ったりすると、途端に踊りの輪が大きくなったり、みんな一緒に歌い始めたり、「さすが、文化!」と思わされました。

そして、二日目。
お昼過ぎから、アフリカンな民族音楽のパレード。
そういえば、このひとたち、前夜にブルトン音楽でものすごいテンションで踊りまくってた人たちだ!とすぐにわかり、「さすが。。」とまたまた納得。
IMGP0453.JPGIMGP0446.JPG

特設テントのほかでは、今日はコント?やマジックなどの催しも行われていました。(こちらで、総称してスペクタクルと呼ばれるもの。)
IMGP0458.JPG
これは、お客さんからふたり選出して、緑のパンツの人の言う通りにお芝居してもらう小劇。これは、とってもおもしろかった!


そして、何より気に入ったのはこの二人組。
IMGP0462.JPGIMGP0464.JPG
イタリアから来た、パニーニ兄弟(Les freres PANINI)。
何しろ、語りというか、話が上手で、観客を引っ張り込むのがものすごくうまくておもしろい!
自転車のアクロバットから始まって、地味だけど結構大変な技をして、ちょっとごまかし程度のマジックをして、「マギー司郎さん的に上手にまとまっちゃうのかなー」と思いきや、最後は袋詰めにされた兄が木の大箱に入って大きな錠前をかけられ、箱の上に立った弟と一瞬のうちに入れ替わるという大マジックをきっちりやりとげ、(とってもクラシックなマジックな上に、周囲1メートルに観客がいるという本当に間近なショーなのに、みんなが「おおっ!!」と驚きと笑いの渦なのが、スバラシイ!!)本当に「いいもの観た!」と、家族みんな大喜びでした。

「イタリア人兄弟」で「やっぱり男前!」という、私特有のひいき目なしにしても、本当に楽しかった。
今でも、うちでは話題にのぼります。

IMGP0441.JPG
(お昼は屋台で買った、ソーセージとフライドポテト。グリルしたソーセージを、ガレットでとか、バーベキューなどでよく食べます。)
IMGP0460.JPG
(バルーンアートのおねえさん(?)子供達が大喜びでした。)
posted by bibo at 03:57| パリ ☁| Comment(0) | 行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月24日

音楽フェスティバル

日曜日は、音楽フェスティバルでした。
こちらでは、毎年この時期に行われるこの行事。
小さな町でも大きな街でも、いろんなバンドの演奏が楽しめます。

フェスティバルといっても、特別なイベント会場が用意されているところはあまりなく。。

教会前の広場や、カフェやバーの前をステージにして、思い思いにバンドが演奏しているというかんじ。
わたしは、アルノと音楽大好きなアルノママ&パパと一緒に、いつもいいバンドが集まるらしい、Dinanへ行きました。
わたしたちが着いたのは、夜の10時少し前。
日本と違って、夜は11時前まで明るいので、この時間でもまだまだこれから人が出てくるかんじです。
IMGP0433.JPG

ロックもジャズもレゲエもブルースも、ブラジルバンドのドリルもあったり、そちらこちらで演奏していて、気に入った音楽があるとみんな立ち止まって聞き入ったり、そのバーのテラス席でアルコールを飲みながら楽しんだり、バンドの目の前で踊ったり、楽しみ方は様々です。

IMGP0434.JPG
このバンドはブルース。
ほかとちょっと比べ物にならないくらい上手で、ちょっとしたひとだかり。
わたしはドラムにアルノはギターに釘付けでした。

そして、深夜を過ぎてもなお盛り上がる。
夏の祭りは、どこも楽しいです。

posted by bibo at 02:25| パリ | Comment(2) | 行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月14日

パック

日曜日は、パック(イースターのこと)でした。
イエスの復活祭、卵は生命のよみがえりを意味するとのことで、卵形のチョコレートを庭に隠しておいて、子供達がそれを探してまわるという慣習があります。

この日のお昼はアルノの実家でチキン丸焼きをいただきました。
卵にちなんでいるわけです。

IMGP0355.JPG
(写真は食後のデザートのリンゴのタルト。ここにもパックのひよこがこんなかんじに。)

パックと翌日の月曜日は、完全休日。
基本的に、どこのお店もお休みです。
仕事も休みで、庭仕事などの家での作業も、大きな音をたてたりせず、静かに過ごすようです。

カトリックでない私には、馴染みのない慣習です。
posted by bibo at 21:31| パリ | Comment(2) | 行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
プロフィール
名前:bibo
誕生日:1973年
性別:F
一言:フランス語猛勉強?!しながら、写真と料理を!
愛すべきフランス人の偏見にどれだけ耐えられるか?

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。