2009年03月18日

アジア人

前回の、カルフールでのエピソード。

どうやら、野菜売り場のおばちゃんだけのことではないようです。

ARNOが、初めて自分の家族にわたしのことを話したときのこと。
「日本人なんだよ。」
「日本人?日本てどこにあるの?」
と、日本に対する認識は、ほとんどないので、アジアで、中国と韓国とロシアの近くで、島国で・・・と、説明をしたARNO。

「へえー、それで、中国はどんなところ?」

。。。

始めは笑い話になったようですが、どこへ行ってもこの繰り返しのようで、最近のARNOはうんざり顔なわけです。
見た目や文化様式で、中国と間違われるのは仕方ないとわたしは全く気になりませんが、「日本人」と言ってる側からの「中国人」。。
ひとによっては日本だけでなく、韓国、フィリピンも中国とひとからげの認識らしい。

フランスは21世紀も変わりません。

posted by bibo at 19:29| パリ 🌁| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月16日

カルフール

東京近郊にもある、輸入食材スーパーのカルフール。
今、日本の経営はイオングループだと思いますが、フランスのちょっとイケテル、スーパーマーケットです。

安くて良いスーパーはたくさんあるのですが、あらゆる用事を一度に済ませるには便利なところにあるので、行くことが多いです。
野菜は、グラム売りしているものは、売り場で計って値段を貼ってもらいます。
そのときのこと。

「ボンジュール」と声をかけ、値段シールを貼ってもらうと、その係のおばちゃんが
「日本人?」
と声をかけてきました。

アジア人といえば中国人であるフランスで、ダイレクトに日本人と聞かれることは初めてで、嬉しいよりも驚きの方が大きかったのですが、おばちゃんは構わず話し始めました。

「最近、日本人の観光客がよくサンドイッチを食べながら、店内を見てるのよ。
なんだか、観光バスがここに寄るみたい。
若い子が多く、この辺りにカフェはないかとか、食事ができるリーズナブルなところがないかとか、聞かれるのよ。」
とのことなので
「ああ、大学の卒業旅行とかなのかも。今の時期は旅行費用が安いし、フランスは人気高いから。カルフールもちょっとだけあるから、バスが寄るんですね。」

なんていう感じのことを、10分近く立ち話をして、一緒にいたARNOでさえ「もういいよね、行こうよ」という顔をしたので、立ち去ろうとした時、おばちゃんが一言。

「あなた、中国人?」


あの時の、うんざりしたARNOの顔が忘れられません。


posted by bibo at 00:05| パリ | Comment(1) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
プロフィール
名前:bibo
誕生日:1973年
性別:F
一言:フランス語猛勉強?!しながら、写真と料理を!
愛すべきフランス人の偏見にどれだけ耐えられるか?

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。