2009年03月22日

結婚衣装

フランスだけではないと思いますが、こちらでは、花嫁花婿が、お互いの衣装を当日まで見てはいけません。
縁起がわるいとか。
そういえば、「SEX AND THE CITY」でも、そんなエピソードがでてきたような。

なので、小さなアパルトマンで小さなライフを送っているわたしたちにとっては、ちょっとめんどうくさいので、彼の実家にお互いの衣装を預けています。

わたしは、サイズがなくて(わたしはフランス人と比べるととっても小さいので。。)お直し等時間がかかるのが不安だったので、日本ですべて準備して準備万端なのですが、彼と彼のママは、まだすべて揃っていません。
ママのお洋服を一緒に見立てたのですが、ついでに彼の衣装を探す時もあり、そうすると、彼のものを選ぶ時には、わたしはほかのお店を見ていたり、ベンチで座って待っていたり。
男性モノだし、結婚の衣装なんてそんなにセレクト範囲が広くないし、すぐに決まって出てくるだろうと思っていると、本人より、ママと店員さんがあれもこれもと、いろいろ試着を勧めたり、おそらく話好きのフランス人の長い3人のおしゃべりがあったりで、2時間近く待つこともありました。

分刻みで東京で仕事をしていた時からは考えられない、時間の流れ。
そんな生活にも、だいぶ慣れた気がします。

ちなみにパーティーのテーマカラーは白と青。
海の近く、ブルターニュにはぴったりです。。といっても、詳しいことはわたしは知りません。。なぜだか秘密にされています。。

posted by bibo at 09:15| パリ | Comment(4) | 結婚準備  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月30日

招待状

090130_154409.jpg090130_154223.jpg
(写真をクリックすると、ちょっと大きく見れますよ)

結婚式&パーティーの招待状が、Arnoから母に届きました。

母は、フランスでのパーティーに来ることができないのですが、彼が
「お母さんにもインビテーションカードを見せたい!!」
ということで、送ってくれたようです。

Arnoのママとお姉さんが作ってくれたこのカード。
なんか、あたたかい気持ちが伝わってきて、母も喜んでいました。

ここには、写っていないのですが、左ページには、私と彼の写真が貼ってあって、周りにカモメが飛んでいます。
右ページがこの写真。
式の場所と日にちが記されていて、Tokyo にプッシュピンがとまっている地図が一緒に載ってるんです。

ブルターニュは海ですからね、やっぱりカモメ。
パーティーをするサン・マロは海と城壁の、ステキな街です。
posted by bibo at 16:11| Comment(4) | 結婚準備  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
プロフィール
名前:bibo
誕生日:1973年
性別:F
一言:フランス語猛勉強?!しながら、写真と料理を!
愛すべきフランス人の偏見にどれだけ耐えられるか?

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。