2012年10月12日

長いこと休んでいましたが!

長いこと休んでいましたが、また、ぼちぼちとはじめようと思います。
家の引っ越しとともに、ブログもこちらへ引っ越します!

http://ameblo.jp/shimakofrance/

完全引っ越しではなく、こちらはこのまま残しておきますので、みなさんよければ、フランス生活の参考に!
では、とりいそぎ、ごあいさつまで。
posted by bibo at 11:30| パリ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月15日

PUY DU FOU

この夏は、日本にも帰らず、細かな予定であっという間に終わってしまいました。
みなさんは、いかが過ごされましたか。

そんな細かな予定の少しを、写真で!

PUI DU FOU
日光江戸村のようなところで、時代ごとのフランスの街並みやスペクタクル(芝居やマジックやいろいろ)があって、おもしろい。若いカップル向けではないけれど、年配カップルやお友達同士の団体、子供一緒の家族連れで大賑わいでした。
動物もたくさん見ることができて、アレッサンドロも楽しんでいました。

021.JPG 025.JPG 026.JPG 
(平和な村にバイキングが攻めてきたところ。水中からザザーッと船が出没したり、バイキングが村に火をつけたり、すぐ近くでなかなか迫力。ここでは、バッファローも登場。)

035.JPG 031.JPG 032.JPG 040.JPG
(森林公園内に施設をつくったかのよう。息子は栗拾いに夢中。いがぐりも、容赦なくがんがん枝から落ちてきますが。)

042.JPG 043.JPG 046.JPG

053.JPG 050.JPG 057.JPG 062.JPG 

065.JPG 067.JPG 070.JPG
(コロシアムでのグラディエーター。向こう側に座るセザールVSこちら側という対立で盛り上がる。捕えた女性を食べさせようとライオンが出て来たり、逆にハイエナがセザールを追いかけたり。)

他にも、ダルタニアンとかジャンヌダルクとか、オリジナルの芝居に、馬の曲乗りやフラメンコ、鷹使いなど、演出がとっても上手でセットもいい。ゴージャスではないけれど、いいところを掴んでる。
土産物ショップは大変こじんまりしたTDLのワールドバザールのようなかんじ。そこでも、ちょっとした仕掛けがあって、サンパでした。

083.JPG 082.JPG
(隣接する3つのホテルのうちのひとつ。水上コテージのホテルもあるのだけど、予約がいっぱいで泊まれなかった。。)


 


 

 
posted by bibo at 11:41| パリ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月23日

アレッサンドロのサン・マロ城壁散歩〜ブルージーンズメモリー 

今月も天気が良くない日が多いです。
夏なのに。。春の方が天気がよかったかも。
雨の合間を縫っての、城壁の上を散歩。
あまりの天気で。。近藤真彦のブルージーンズメモリーを口ずさみながら、ごらんください。

mai,juin,juillet 2011 085.JPG mai,juin,juillet 2011 086.JPG mai,juin,juillet 2011 116.JPG
(Saint Vincentからintra muros(城壁)に入るとすぐ、ジャック・スパロウらしき海賊が。コインを入れると、握手してくれます。)

mai,juin,juillet 2011 117.JPG 

mai,juin,juillet 2011 118.JPG mai,juin,juillet 2011 119.JPG
(この時期はやっぱり、どのレストランもmoules&frites(ムール貝&フレンチフライ)がおススメに。)

mai,juin,juillet 2011 120.JPG 
 
(城壁の上です。ぐるっと、ほぼ一周できます。つながってないので、ほぼですよ。)

mai,juin,juillet 2011 123.JPG mai,juin,juillet 2011 124.JPG mai,juin,juillet 2011 125.JPG 

mai,juin,juillet 2011 126.JPG mai,juin,juillet 2011 127.JPG
(ところどころに、こんな広場があります。)
(カモメ?は城壁も海も、どこでも要注意!ひとの持っている食べ物や、赤ちゃんに攻撃してきます。)

mai,juin,juillet 2011 129.JPG mai,juin,juillet 2011 128.JPG
(小さな船が出たり、奥の港は、ジャージー島(Jersey)への船が出てます。)

mai,juin,juillet 2011 131.JPG mai,juin,juillet 2011 132.JPG mai,juin,juillet 2011 137.JPG
(ここの広場には大砲があり、ここからは壁に遮られずに、海が臨めます。)
(風がものすごく強くて寒いので、レインジャンパー着ました。)

mai,juin,juillet 2011 138.JPG mai,juin,juillet 2011 135.JPG mai,juin,juillet 2011 139.JPG
(潮がひいていて、砂浜から向こうへ歩いて渡っていけます。左上写真の手前は、潮の満ち干を利用しての、海水プール。天気がいいと、気持ち良さそうなんだけど。)
(さよならなんて。。言えないよ。。なアレッサンドロ?)

mai,juin,juillet 2011 140.JPG


あまりに寒い悲しみな写真なので、晴れの日の城壁内もちょっと紹介。

mai,juin,juillet 2011 084.JPG 
(Saint Vincent 城壁前の港)

mai,juin,juillet 2011 087.JPG mai,juin,juillet 2011 088.JPG mai,juin,juillet 2011 097.JPG 

mai,juin,juillet 2011 089.JPG mai,juin,juillet 2011 099.JPG 
(至るところで、音楽やダンスを毎日やってます。手品やコミックなんかも)

mai,juin,juillet 2011 100.JPG mai,juin,juillet 2011 098.JPG
(アレッサンドロがレストランメニューについて語っていたのは、この辺り。)

mai,juin,juillet 2011 093.JPG mai,juin,juillet 2011 092.JPG mai,juin,juillet 2011 094.JPG
(満ちてます。左上の写真の建物から、7月14日は花火が上がります。)
(下の写真。ブルージーンズメモリーな写真の、潮のひいている砂浜はここです。)







posted by bibo at 07:33| パリ ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月21日

最近の海

今月に入って天気がいい日が続いています。
今月前半で、2回ほど、海に行きました。
まだまだ、水は冷たくて、アルノでさえ、泳ぐのは断念しましたが、ここのところ、気温もぐんぐん上がっていて、そろそろフランス人なら、海に入れるようになるのかもしれません。
(私には、水が冷た過ぎて、真夏でもムリです!ビバ!!日本の暖かい海!)

mars,avril 2011 107.JPG mars,avril 2011 110.JPG mars,avril 2011 106.JPG
(潮が引いているので、引いたあと、たまっている水で遊んでいます。まだ、海に入るにはアレッサンドロはこわいし、それ以前に、冷た過ぎて。。大きくなるまでは、ムリかな。)


posted by bibo at 07:42| パリ | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月16日

レンヌの午後

生まれ年が間違えている免許証を受け取った後、Rennes(レンヌ)に住む日本人のお友達&娘ちゃんとお茶をしてきました。
天気がとってもよくて、リラックスした楽しい午後でした。
(また県庁に、免許証を換えに来ないといけないことなんか忘れてしまいました。)

mars,avril 2011 118.JPG 
(ピッツェリアやクレープリーなどが並び、お昼時に賑わうこの通りを抜けると。。)

mars,avril 2011 126.JPG mars,avril 2011 124.JPG
(ここ、ブルターニュ議院と言えばいいのでしょうか?上のプレートにはフランス語で、下のプレートにはブルターニュの言語 ”ブルトン語”で書かれています。)

mars,avril 2011 119.JPG mars,avril 2011 120.JPG mars,avril 2011 121.JPG mars,avril 2011 125.JPG
(議院前の広場で、学生らしき女の子たちに注目されて、嬉しそうにはしゃぐアレッサンドロ。開放感でうれしいだけか?!)

mars,avril 2011 140.JPG
(アレッサンドロ初めて乗りました、メリーゴーランド。友達の娘ちゃんも楽しそうでした。)
posted by bibo at 07:08| パリ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月19日

日本のみなさん

まだまだ大変なことだと思います。
みなさん、とても疲れていると思います。

フランスでも、みんな日本を心配しています。
そして同時に、日本を信じてくれている人がたくさんいます。

被災された方々に、深くお見舞い申し上げるとともに、これ以上の被害が少しでも小さくおさまりますことを、心よりお祈り申し上げます。


posted by bibo at 13:08| パリ ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月20日

私のクルマ 2

不具合が山ほど見つかった!!

と、驚きと落胆で不運を嘆いていたのですが、「ボラレテル」かも知れないと、アルノ家族から言われ、知り合いにお願いして、もう一度、みてもらうことになりました。

ガラージュには、「ボラレル」ことがよくあるそうです。
(アルノママの話。コントロールテクニックに出してタイヤをひとつ替えた方がいいと言われ、アルノ姉のところへ出かけた先でガラージュにタイヤを替えに行ったら、四つとも替えないとどうにもならないと、いろいろと説明されて、その場で四つとも交換し、後日、コントロールテクニックでその話をしたら、「なんで全部替えたんですか?全くその必要なかったのに!」と言われたという、ごく身近な話もあって、びっくり。)

ところで、日本でも「ボラレル」と(良い日本語ではないけど。。)聞くことがあるけれど、フランスでも、盗むとか暴利をむさぼる、ごまかすと言うのを、voler(ヴォレ)と言います。
なので、アルノママの話を聞いてる時に、「あれ?おんなじ言葉?」と、そっちに関心が行ってしまいました。

それにしても、アルノママの話。
ひとりでガラージュの人に「ここがこうで、こうだから、このまま行くとタイヤが割れて、こっちとこっちのバランスが。。。」なんて説明を延々とされたら、替えなきゃいけないような気になるよな。あれ?何とか商法みたいか?

いつになっても、なかなかフランスを信用できません。
posted by bibo at 23:43| パリ 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月19日

私のクルマ

私のクルマの不具合が、みつかりました。
報告書類2枚にもわたり。。こんなにたくさん書かれてるの見るの、はじめて。

購入前、7月に済んでいるコントロールテクニック(車検のような点検)の書類をみると、不具合と言えるようなものは書かれておらず、ただ、買う時に売主から「バッテリーが弱い」とだけ聞いていたので、なにかあれば替えればいいかなと思っていました。
暮れのものすごく寒い日、起きたら雪が積もっていた時に、エンジンがかからないことがあったので、「バッテリー替えどきかな」と思い、しばらくしてから、車を降りたら焼けたようなにおいがすることがあって、「オイルかな」とも思っていました。
実際、アルノにみてもらったらオイルがだいぶ減っていたので、買ってこようと思っていて。

そして先日。
オイルを買ってきて入れるだけのつもりでいたアルノが、「明日の朝、フランス語の間に、biboのクルマ、ガレージに持っていくよ。」というので、「あれ?」と思ったのだけれど、任せればいいやとお願いしたのです。
そして、見てもらった結果がこれ。
タイヤは4つ全部替えなければいけないようだし、オイルはもれるし、マフラー部分は、中につながっているところまで全部替えなければいけないし。。と、もろもろが見つかり、書類2枚分。

タイヤはきちんと見なかったからなー、でもタイヤも素人目にはわからない部分も多い。
車の下から見ないとわからない部分の不具合が多くて、それは購入時には見られないし。
だから、コントロールテクニックが必要なんだけど(基本的に、売る場合には、6か月以内にコントロールテクニックを受ける必要があるみたい)、どう考えても、コントロールテクニックの時点でもだめだっただろう、この状態じゃ!っていうものが満載。

コントロールテクニックの保証期間は6か月で、その期間内であれば、修理したり点検したところと交渉して無料で直してもらうことも可能らしいんだけど、私の場合、ちょうど7カ月すぎたところ。。期限をひと月すぎてから、いろいろ見つかるあたりが。。

運がないというか。。
事故が起こらず、ついているというか。。
でも、アルノが虫の知らせかのように、ガレージに持って行ってくれたのがよかった。
オイル入れるだけで済ませていたら、110キロの自動車専用道路を走行中に、タイヤが割れてたかもしれないし。

全部の修理、書類2枚分、1700ユーロ。。

仕事を真剣に探そうと思います。
posted by bibo at 20:10| パリ 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月05日

テスト 2

火曜日のDELFのテスト、ひとつだけやらなかった問題は、やっぱり今日やりました。

1、音声を聞いて、問題の答えを選択する
2、問題を読んで答える普通の書き問題
3、60〜80単語で作文が2題
4、口頭試問

(前回の日記で出題番号を間違えていました。)
でした。
なので、今日やったのは2の、書き問題。
制限時間があるって、やっぱり緊張。
今日もちょっと疲れました。

授業の後半は、日本語の特徴についてのプレゼンテーション。
こういう授業は、結構、おもしろいです。
(プレゼンテーションの準備はちょっと悩むけど。。)
posted by bibo at 08:57| パリ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月02日

テスト

テスト、やりました。
DELFのテストでした。。ああ。。

前回のブログでみなさんに、「OFIIを通してフランス語に通っている人がパスするべきテストがDILFで、入門レベルでそう難しくはないらしい」ことを教えていただき、まだテストを一度も受けていない私は、「じゃあ、そのDILFのテストなんだな、きっと。金曜日に教えてくれている先生は、ミニテストみたいなものだから心配ないって言ってたし。」と、気楽に学校に行ったら、「今日はDELFのテストです。」と、みんなDELFを受けました。

DELFと言うのは、DILFよりはレベルがアップしたテストらしく、初級〜中級へと、A1→A2→B1→B2と4段階。(その上はDALFというのがある。)
生徒それぞれにあったレベルのテストを配られ、「biboはA2受けた?うーん、B1。。」と言われかけたので、「何も受けたことないです!」と押して、「じゃあ、A2から始めようか。もし、簡単すぎたらB1に変えるから。」とA2を受けました。
問題文や選択肢内の単語もわからないのがあって選ぶのに困ったり。。A2で十分です。

問題は大きく4つに分かれていて、
1、音声を聞いて、それに対する問題の答えを選択するもの。
2、問題に沿って60〜80単語内の作文2つ
3、
4、口頭試問
(3がなぜ空欄かというと、やりませんでした。次回やるのかと聞いたら、やらないそうです。)

4の口頭試問。
問いが3つ。
1、自己紹介
2、くじで引いた主題について、話す
3、くじで引いたシチュエーションで面接官と会話をする

やっぱり緊張して、頭がまわりませんでした。。話し終わった途端に、間違えに気付くこと数回。。
ただラッキーだったのは、くじで引いたお題がむずかしくなかったこと。
特に、3でひいたお題は「お店で偶然会った、ダイエットを決意した友達に、その成功のためのアドバイスをする」というもので、友達相手の話し方なので、私の苦手な丁寧な動詞活用(vousのことです)をする必要がなかったのが、救われました!

よかった、終わって。
でも、単語力が相当ないことを実感。(ふだんから身にしみてわかっていることなんだけど)
ちゃんと、勉強します。来週から。。
posted by bibo at 07:46| パリ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月10日

プジョー306 ・2

きのう買ってきたばかりの、プジョー306。
94年のオートマティック。深緑色。
もちろん、中古車。
インターネットで個人売りの車を買いました。

日本にいる時には、個人売りの車を探すなんて考えもしなかったけれど、こちらでは結構あること。
ディーラーのガラージュで中古車を探すことももちろんあるけれど、やっぱり割高。
もちろんその分、手入れもされているし、間違いはないと思う。
仕事をしていれば、絶対、ディーラーのガラージュで探したと思うけれど、そう贅沢も言っていられないし、何しろ必要に迫られている。

インターネットで探すのは、私にはいろいろ判断できないので、アルノにも見てもらい、とっても良さそうな車があったので、アルノがメールを送ってくれたのが、3日前のこと。
翌日、早速返事があり、見に行くことに。

アルノは朝6:00までの勤務だったけれど
「ものすごく良さそうだから、絶対早く行った方がいいと思うから、仕方ないよ。オートマティックのいいのってなかなかないし。寝ないで行こう!」
と、午前中の約束で、朝から行ってきました。県内70kmほど離れたところ。
写真で見るより、ずっとよくて、車内もとってもきれい。
94年〜96年くらいのものって、デザインが四角から流線型へと少しずつ変化していく中間期のためか、微妙にかっこよくもかわいくもなく、あまり好きではないモデルが多いのだけど、これは2000年以降?と思わせる車内デザインで、ベージュの車内は、乗り心地ばっちり。ステレオシステムもプジョーのオリジナル。
オートマティックだけど、スポーツモードがついているせいか、ハンドルも柔らかすぎない。
フロントガラスに、小さな修正したヒビがあるけれど、問題はなさそう。
少し家の周りを運転して、調子もいいかんじ。

そして、そこの家族が。
ご夫婦と子供10人、猫3匹、犬10匹。ポニー2頭に馬が何頭かに、鶏が。。。。。
と、大家族。
そして、みんなとっても感じがいい人たち。
みんな子供好きで、兄妹でアレッサンドロを順番に見てくれて、特に12歳の男の子と14歳の女の子はアレッサンドロを取り合って遊んでいました。

車を購入することに決め、書類にサイン等をアルノがして、車の持ち主であるマダムに代金をお支払い。
アペリティフを用意してくれて、話がはずんだので、そのままお昼までごちそうになって、夕方5時ごろ、薄暗くなるまでおじゃましてしまいました。
アレッサンドロは途中で疲れて眠くなったけれど眠れず、ぐずっていたので、私はちょっと大変だったけど、子供たちが一緒にあやしてくれたりしたので、楽しかったです。
12歳の男の子ニコラは「ものすごくかわいいー!」とアレッサンドロをとても気に入って、自分のくまのぬいぐるみをくれました。
ニコラの方こそ、くったくない笑顔がかわいくて、サッカー好きの(ものすごいリヨンサポーター)美少年でした。
連れて帰ってきたかったー!
posted by bibo at 06:00| パリ ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月09日

プジョー306

車を買いました!

このままでは、フランス語を休む日が多くなる&日中も3〜4度と寒い中、アレッサンドロと4時間散歩することに限界を感じたわけです。

今は、アルノが仕事の日は、バスでフランス語へ行っているわけですが、朝1番のバス、8:17。
フランスの日の出は、ここのところ8:20前後なので、家を出るときは真っ暗で、サンマロ市内に入る頃にはすっかり明るくなってるというかんじ。
市内で一度バスを乗り換え、授業が始まる9:00ちょっとすぎに着いていたのだけど、先週の火曜日にいつものようにバスに乗ると、いつもの高速な国道(高速なんだか普通の国道なんだか未だに理解しがたい)にのらず、脇道へ。
なぜだかわからないけれど、住宅街を「タッタララッ タララッ タララ♪」とのんきな音楽がバックに流れてきそうなほど、のどかにのんびりと走って行き、もちろん乗り換えのバス停には、予定時刻より遅れて到着。乗り換えるはずのバスには間に合わず、次のバスまで15分待つことに。
いくら太陽が出ていても、とても寒くて待っていられないので、5分後に来る逆回りのバスに乗って(遠回りだけれど、15分待ってバスに乗るのと、到着時間が変わらないので)、20分遅れてフランス語クラスに着きました。
なぜ、急にルートが変わったのか、いまだに不明。

私の場合、フランス語クラスを受けるのは義務で、欠席が多いとOFII(http://shimakofrance.seesaa.net/article/162792029.html)から注意を受け、あまりに多いと受けられなくなるので(そうすると、来年の滞在証がもらえない可能性が大)あまり欠席もできないし、毎回おくれて授業に入るのも、とてもイヤなもの。

でも、車があれば!
わざわざ40〜60分バスで通わずとも、20分でクラスに着くし、お昼に授業が終わった後も17:10の帰りのバスを待たないですぐに帰れるし、ギャルドリー(託児所みたいなところ)がない金曜日にアルノが仕事の場合も、午前中だけならアルノママにアレッサンドロをお願いしやすいから、クラスを休むことも減る!

プラス、買い物も散歩も、したいときにできる!
(この気分転換は、思いの外、大事!実際にしなくても、いつでも出かけられるという気持ちの自由が必要!ということを、この1年10か月で実感。)

と、えらそうにいろいろと書いていますが、車の購入、父に助けてもらいました。。
この歳になってまで、本当に申し訳ない。。
私が仕事をしていないのと、クルマ災難続きだったのを不憫に思ったらしく、父から申し出がありました。
何かいい形で、きちんと返して行きたいと思います。

posted by bibo at 12:39| パリ ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月08日

写真が

ひさしぶりなので、まとめてババッと写真をアップしようと思ったら、なぜだか、パソコンがカメラを認識しないため、画像が読み込まれず、新しくした携帯で撮った写真をパソコンに!と思ったら、USBモデムがみつからない(携帯にCDが付いていなかったので、ダウンロードしようとしたけど、携帯電話会社のサイトで見ても、わからなかった。。)ので、パソコンに落とせず、結局、何にもできません。。

なんでだ?

携帯はともかく、デジカメから写真が転送されないのは困るなあ。いままで、なんともなかったのに。。

クリスマスメールを作ろうと思っているのですが、こんなわけで進みません。
こういう時に、日本の大型電気店へ行って相談したりできないのが、不便です。
(パソコンもデジカメも日本製品なもので。)
逆に、携帯の写真をパソコンが読み込めるようにソフトをダウンロードするのに、言葉がよくわからないので、ひとりではいろいろ時間がかかるのと、アルノは電子機器に強くないので(配線は得意)、こういうのも、不便です。(携帯はフランスで買ったものなので。)
posted by bibo at 10:11| パリ ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月17日

ルノー5

アルノ姉(2番目)夫妻にプレゼントしてもらった車。
不意のできごとでパリに捨ててくることになったプジョー406のあとを、セダンを買うまでのほんの数日だったけれどカバーしてくれて、これからは私の脚になってくれるはずの車、ルノー5。

早速、こわれました。

安全性と利便性を考えて中古のセダンを買った日、乗って戻って来られないので、アルノ実家に置いておいたルノー5。
おととい、アレッサンドロの誕生祝いのあと(1歳になりました!)、実家から乗ってこようと思ったら、エンジンがかからない。
「バッテリーだね。明日、昼間にみて、夕方までに乗って行ってあげるから。」
とアルノママ&パパが言ってくれて、その夜はそのまま帰って来たんですが、きのうふたりがやってきて、
「エンジンが、かかるかと思ったら火を吹いた。だから置いてきたよ。」

コントロールテクニック(車検みたいなかんじ?修理工場とは別の、専門のところでやってもらう)をパスしてきたばかりの状態で、もらったルノー5なのに。
ものすごく古い車だとしても、コントロールテクニックをパスして。。
なんのための、コントロールテクニック。。

ということで、私はまだ運転していません、ルノー5。
簡単に直ればいいけど、高くつくようなら修理できません。。セダン買ったばっかりだもん。。

posted by bibo at 03:02| パリ 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月09日

ひとやすみ

今日はようやく、ちょっと時間ができました。

日本から帰ってきて、車が壊れて、アレッサンドロが一晩入院して(高熱が下がってから、お腹と背中全面に発疹したので、「突発性発疹」だったんだと、日本の本を見てひと安心。三日くらい前に、湿疹も全部消えて、アレッサンドロもご機嫌になりました。)
フラ語クラスが再開して、formation civique(フランスの歴史や社会の仕組みなどを学ぶ、必須の講習)を受けにレンヌまで行って、車を買って。。
などと、毎日落ち着く間がなかったので、ちょっとひとやすみ。

今日は語学クラスの日なのですが(火曜金曜の午前中、週2回)、ルノー5の運転練習をする暇がなかったので、1年半ぶりのマニュアルカーをアレッサンドロを乗せていきなり走るのは、ちょっとこわくて、バスで行こうと思っていました。
そこで、時刻表を見に行くと、朝1番のバスが8:17。
(夏にあった7時台のバスがなくなってる。)
バスの乗り換えがうまく行っても、9時には少し遅れるなと思いながらも行くつもりだったのですが、帰りのバスが、午後の1番が17:00。
散歩したり、買い物したりして時間をつぶそうかと思ったけれど、途中でアレッサンドロのおやつとか、お昼寝とか、それにこの、雨が降ったりやんだりの寒空の下、5時間赤ちゃん連れては無理だよねと思って、今日は休みました。

時間がちょこっとずつでき次第、また人数がとても増えてた語学クラスのことや、formation civiqueのことなど、書いていきたいと思います。
まあ、たいしたことは、何もないんですけどね。
posted by bibo at 22:48| パリ 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月06日

プジョー406

日本から戻ってきたら、アルノの親友の家に置かせてもらっていた車が壊れて工場に入っていたことは、さらっと前に触れました。

どうやら話を聞いてみると、私たちが日本に発った後、アルノ親友が、私たちの車を運転して家まで戻ってくる途中、急に走れなくなってきて車が止まって、JAF的なトラックで工場まで持って行ってもらったとのこと。エンジンオイルが全部流れ出てしまったようです。
いろんな人たちの意見によると、この車が、こんなところが自然に壊れるなんて、ほとんどあり得ないらしく、
やわらかく言うと「おそらく運転の仕方に問題があったのでは?」
いろんな人たちの言葉の通りに言うと、「その親友が壊したんだよ!」
と、みんなが口をそろえて言っているそうです。

一方、アルノ親友は自分が何かしたのかも?的なことを全く言わないので、もちろん謝ることもなく、心配するでもなく、状況説明も曖昧な言い方で、何とも的を得ない。
高速道路で車が止まって、トラックで工場に運ばれたって言ってたけど、家の前にオイルが流れた後が残っているのは、一体なんなの?
私は全く何やらわからなかったので、「それって、どういうことなの?」とアルノに聞いていると、「心配しないで、bibo。大丈夫だよ。」と逆にアルノ親友に言われる始末。

結局、車を修理するとなると、他の部分も見たりしなければならず、かなり高くつくと言うので、そのまま工場に引き取ってもらうことにし、ブルターニュまでは、そのアルノ親友が自分の車で送ってきてくれました。

車は失くなって、送ってもらった往復のガソリン代を払って、なんだか腑にも落ちなくて。。
アルノが、いつも車の状態には気を配って、車に乗っていたのを知っているし、ホイールも新しくしたばかりだし、とっても残念。
大きい都市と違って、電車もバスも1日に4〜5本しかないうちの方では、生活には車が不可欠。
何より、車がないと仕事に行けない!
明日の夜から、もう仕事なのに!!

なので、アルノママ&パパに協力してもらえないか電話をし、続いてアルノ姉(2番目)のところにも帰ってきた報告と車のことを電話で話しました。
すると間もなく、アルノ姉から電話があり、車を1台くれるとのこと!
だんなさんが先月、300ユーロ弱で買った小型車があって、コントロールテクニックが終わって戻ってきたばかりで、まだシートやら掃除やら何も手をつけてない状態ではあるけれど、
「クリスマスだし、やるよ!」
と。

ということで、今は、まだ大変汚い状態のままの、小さいルノー5に乗っております。
アレッサンドロのためにも、明日は車内を掃除して、シートカバーを買ってこようと思います。
でも、本当に助かった。。
いつもいろいろと、どうもありがとうございます!!

補足ですが。。
最近、マニュアル車免許を取ったアルノ親友。
(以前も持っていたけど、失効したので、取りなおした。)
マニュアル車は以前から苦手らしく、アルノがまだパリ近くに住んでいたときに、アルノの車を運転させてあげると、車の正面をぶつけて壊れたことがあるらしい。
2度も。
「いろんな人」の言う通りであれば、今回は3度目か。
真相は藪の中。




posted by bibo at 10:54| パリ ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月30日

ただいま!

みなさま、ゆうべ無事にブルターニュの我が家へと帰ってきました!
私のレセピセも、きちんと作用して、問題なくフランスへ再入国でき、よかった。

日本でいろいろとみなさん、どうもありがとうございました!
フランス帰国前に、メールをいろいろといただいていたのですが、バタバタとしていて返事ができず、本当にごめんなさい。
そして、パリについてからも、なんだかバタバタとしていて。。

パリは、定年退職が60歳から62歳への引き上げが可決されたため、日本へ発つ前よりもスト&デモが激化していて、メトロやガソリンスタンドが閉まっていたり、稼働しているところは値上げしていたりと、なんだか大変な様子になっていて、その影響で、パリ近くに住むアルノの親友も、仕事へ行けないでいました。

その親友の家に、車を預けていたのですが(ブルターニュからパリまで車で移動したので)、なぜだか壊れて工場に入っていて。。
直すと、大変高くつくので、そのまま廃車にすることに。。
さよなら、プジョー406。。。

などと、フランスに着いたそばからいろいろあって、また落ち着いたら、少しずつ書いていこうと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします!

それにしても、フランス、さむい!!


posted by bibo at 06:37| パリ | Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月20日

ディナールのとなり

ここ何週間か、曇り&雨&寒い!日が続いています。
夏なのに。。
夏でさえ、この天気か。。
夏が終わったら、また天気が不安定な長い冬を待つことになるのに。。
と、毎日ゆううつな気分です。

ということで、そんな気分を吹き飛ばすべく、雨日の合間に行った、初めての海岸。

la famille 011.JPG

Dinard(ディナール)の隣りの街、Saint-Lunaire(サン・リュネール)。
ディナールの隣りにこんなにステキなエリアがあるとは、知らなかった。
ディナールはとってもきれいで、割と洗練されたリッチな街だけど、どちらかというと、バカンス客が滞在するエリア。
サン・リュネールは、地元の人々がリッチよねというかんじ。

私がアルノに、
「もし(買ってないけど)ロトが当たったら、ディナールが無理でも、ここもいいよね!
かわいらしい街だし。小さい庭付きの家。」
と話しながら、海に近づいていくと、
海岸の目の前には、現代風の大きな家が並んでいて、ジャガー&ベンツが並んで庭にとまっていたり、「こっちは感じのいい普通の家か。」と思いきや、並ぶ2軒の家は同じ敷地内。
それを見たアルノがひとこと。
「ここに住むのは、すごいプレッシャー。。」

海岸も、十人十色です。


la famille 010.JPG
(海岸のすぐ向かい。サーカスが来ていました。)

la famille 009.JPG
(動物を見るだけなら1ユーロ。でも、どうせならサーカスが見たい。歓声が聞こえていました。)
posted by bibo at 08:12| パリ | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月02日

待ちに待った!

土曜日は、日本からお友達(と言っては失礼か。。)が来てくれました。
日本にいた頃、全くもって平凡なスタイリストの私に仕事を与えてくれ、また、家での集まりにも呼んでくれていた、大変お世話になったお姉さま方3人が、パリ旅行からうちの方へも、足を伸ばしてくれたのです。

仕事のアルノに代わって、アルノママに一緒にサンマロ駅まで迎えに行ってもらい、ひとまずうちに来てもらいました。
アレッサンドロは、一度にこんなに日本人に会ったことがなかったからか、それとも人見知りが始まりかけているのか、しばらくは、じっとみんなの顔をにらみつけながら様子をうかがっていましたが、代わる代わる写真を撮ってもらったり、遊んでもらったりしているうちに、少しずついつもの笑顔が。
まあ、女性に囲まれて嫌がるフランス男はいないわけで(かなりの偏見)。

うちでお昼を食べたあとは(調子に乗って、またムール)、サンマロの城壁へ。
天気があまりよくなく、少し肌寒かったけれど、人もそこそこに出ていました。
城壁のうえを散歩し、中をぶらっと歩いてクイニーアマンを買い(というか買ってもらった)、クレープリーでひと休み。

。。。。。。。


ひさしぶりに、本当にリラックスして時間を過ごせたなーと思います。
夕方には、3人とも(当り前だけど)、モンサンミッシェルへ向けて発ってしまって、半日だけのサンマロはあっという間でした。何日も前から楽しみにしていたのに、過ぎていくのは、本当にあっという間。
今日、アレッサンドロとふたりで部屋で遊んでいたら、なんだかとても寂しく感じました。
昨日はみんながいて、もっと楽しかったのにねーと、アレッサンドロと話しながら。

もっと、ブルターニュ情報を仕入れておきますので、また遊びに来てくださいね!
posted by bibo at 09:32| パリ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月23日

シーズン到来

最近、とても天気がよくて、気持ちがいい!
家にいるのはもったいないので、先週のドライブはCancal(カンカル)。

017.JPG 018.JPG
木々を抜けると(右の遠くにはモンサンミッシェルが見える)、カンカルの海。

019.JPG (採った牡蠣をのせるトラック。)

022.JPG 023.JPG 024.JPG
(トラックが牡蠣をとりに行くところ。仕切られているポケットごとに網のようなかごのような仕掛けがしてあり、このように潮がひくと、ここに牡蠣がとどまっているので、それをとるらしい。)

025.JPG 027.JPG
(周りはみんな牡蠣やムールを食べていたけど、私たちはクイニーアマン&アイス、フォンダンショコラ&アイスで休憩。アレもお腹すいて騒ぎ出したので、写真撮るのを忘れた。。)


カンカルの後は、アルノは友達とサンマロでサッカー。
029.JPG 028.JPG
(サンマロの消防士がサッカーしてました。何かの時にそのまま出動できるように消防車で来ているらしい。)


030.JPG 031.JPG
(左はアルノの同僚で親友、ジュリアン。サンマロとレンヌの近くのチームでプレーしている。レンヌ近くのチームでは少しお金ももらっているほどの腕前。最近、優秀選手にも選ばれた。10代の頃にはリーグアンのチームからスカウトがあったらしい。。。受けなかったのが不思議。。。アレッサンドロは、初めてサッカーボールを触った後、疲れて寝てました。)


posted by bibo at 07:51| パリ | Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
プロフィール
名前:bibo
誕生日:1973年
性別:F
一言:フランス語猛勉強?!しながら、写真と料理を!
愛すべきフランス人の偏見にどれだけ耐えられるか?

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。