2011年06月03日

歯と琥珀

ようやく上の歯の5本目6本目が生えてきたアレッサンドロ。
それが、どうにも気持ち悪いのか痛いのか、一日中、機嫌が良くない。
「趣味なのか。。」と思うくらい、食べることに貪欲なアレッサンドロが、バナナとヨーグルトしか口にしない。
夜中も目を覚ましたり、朝、大泣きして起きた。
と、今までにない「歯痛」なんだろうと思い、薬屋で赤ちゃんの歯痛用のジェルを買い、「今さらかな。」と思いながらも、琥珀のネックレスも買ってみた。
ヨーロッパでは、昔から赤ちゃんの歯痛に琥珀が効くと言われているらしい。
と言っても、私の周りのフランス人は、知っている人があまりいなかった。お店の人に聞いてみると、ここ2,3年かなあと言っていたから、「フランスでは誰もが知っている知恵袋」ではないみたいだ。
古くから、琥珀は薬に使われたり、精神的に明るい気持ちにさせたりするとも言われ、良い気をもたらすとか、電磁波から身を守るとか、いろいろと効能があるとされるヒーリングストーン。
なので、赤ちゃんや妊婦さんが身につけるといいとされているよう。

そんな琥珀が効いたのか(母には「そりゃ、薬でしょう。」と言われたけれど)、食欲も戻り、毎日元気に遊んでおります、アレッサンドロ。
家の中を、走って、ボールを「ばぁーんばぁーん」と叫びながらドリブルをして、ぐるぐる回転して、ゴロゴロと回って。。と一日中しゃべりながら、こんなことを繰り返しています。
男の子だな。。

135.JPG 131.JPG 133.JPG
(アルノママとディナンの公園で。琥珀のネックレスはこんなかんじ。
石と石の間にひとつひとつ結び目があって、石が動かないようになっている。
思ったよりも、アレッサンドロに似合ってよかった。)

144.JPG 145.JPG
(歯が痛いせいか、ヘンな感じなせいか、薬が切れると口に手を入れっぱなし。)
posted by bibo at 11:20| パリ | Comment(4) | TrackBack(0) | べべ&子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
プロフィール
名前:bibo
誕生日:1973年
性別:F
一言:フランス語猛勉強?!しながら、写真と料理を!
愛すべきフランス人の偏見にどれだけ耐えられるか?

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。