2011年01月31日

ひとりではまだ

アレッサンドロ、あと10日ほどで15か月になります。

なかなか生えてこなかった歯も、上4本、下2本出てきて、お菓子を食べるのも、異常なほど好きなパンを食べるのも、前歯を使えて、とても食べやすそうになりました。

でも、まだひとりでは歩きません。
よく両手を私に差し出して、「歩かせろ」と要求します。
私がその要求に片手だけ応じて一緒に歩くと、始めはゆっくりまっすぐ歩いていくのですが、途中から、かにのような横歩きになって、速足になります。
慣れないまっすぐ歩きがまどろっこしくて、伝い歩きで培った得意の横歩きで進みたいのだと思います。
(ちなみに、両手をつないで歩くと、途中から必ず「パタパタパタパタ」と速足ステップ(タップダンスのまねごとみたいな高速足踏み)を踏みます。)

日本の家族や友達に、(歩くのが)「遅いよねー」と言われますが、こればかりは仕方ない。
いつかは歩くだろうと、のんびり思っています。

私は10か月で歩いたそうです。
でも、よく考えてみると、でんぐり返しはきちんと手をついて支えることができなくて、頭でまわっていたし、足もきちんと地面を踏んでなかったり(親指が浮いていたり、バランスが悪かった)と、よく覚えているもんだと自分でも感心するくらい、幼稚園以前のころから、基本的な単純運動が苦手だったので、もっとたくさんハイハイして体をしっかりつくっていれば違ってたのかも?!と、突拍子もないかもしれないけれど、思うと、そんなに急いで歩かなくてもいいかもと、思うわけです。

アルノが歩いたのは16か月とのこと。
アルノ譲りのしまった手足を持っているアレッサンドロ(と勝手に思っている)なので、アルノのように遅く歩き始めても、しっかり運動能力高く成長していくだろうと、これも勝手に願ってます。
posted by bibo at 08:49| パリ 🌁| Comment(6) | TrackBack(0) | べべ&子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月27日

フランス語クラス

通っているフランス語クラス。

現在は、アフガニスタン、イラン、ブラジル、イギリス、ポーランド、中国、モンゴル、ベトナム、そして日本(と、どこの国だか知らない人もいる)で、12〜16人ほどのクラスだと思うのですが、スタージュ(仕事の見習生)でいなくなったり、戻ってきたり、夏や冬やパック(復活祭、イースター)のバカンスなどで何週間かいなかったりと、いまいち把握できていません。
そして先週から、また新たにシリア、モルダビ、そして私の日本人の友達!も加わりました。
通い始めて3か月経ち、私もすっかり慣れて、勉強する頭に稼働し始めたので(やっと。。)、だいぶ楽しくなってきたところに、友達もやってきたし、学生みたいでいいわーとのんきに思っていたら、来週テストをするとのお知らせが。
私は、OFIIを通して通っているので、出席の有無はもちろんですが、このテストにもパスしなければなりません。(たぶん。)
ただ、どんなことやるのか全く知らず。
筆記と口頭試問があるとのこと。
どんな内容なんだか。。
私のいるグループ(クラス内で二つにグループ分けされている)はDELF A2 レベルをやっているようなことを先生が言ったのですが、それが一体なんなのか、私はよく知らないのです。
(誰も知らないのかも。。そんなこと誰も気にもしていない様子だった。)
日本で受ける英検みたいに、レベルによって出題範囲がきっとあるんだと思うんだけどな。
テストなんて、規定時間数が終わるころに受けるものだと思い込んでいました。

と、テストのために勉強したくないのと、する気もないのになんやかやと理由をつけるあたりも、本当に、学生みたいです。
いやだなー。
posted by bibo at 09:23| パリ 🌁| Comment(10) | TrackBack(0) | 各種手続き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月24日

運転免許証

先週ようやく、県庁で、運転免許証をフランスのものへ、変更手続きをしてきました。

本当なら、私がフランスに来た時の制度では「フランス入国より1年以内に、速やかに変更すること」(注:現在の制度は、少し変更されています。)となっていたのですが、正規滞在証を受け取ってからでないと手続きはできないので、ずっと何もしないでいました。
去年の10月末に、日本バカンスから帰ってみると「滞在証が届いています。」と、市役所からメッセージが届いていて、ようやく正規の滞在証(1年有効)を、受け取ることができたので、やるべき手続きを再開したわけです。

が、県庁は結構遠い。。
サン・マロかドル・ドゥ・ブルターニュの駅から電車でレンヌまで行き、レンヌで地下鉄に乗り、その後、バスに乗り換えて10〜20分行くと県庁に到着します。1時間半〜2時間と言ったところでしょうか。車だと40分程度なのですが、ひとりで車で行くには、あまりにも土地を知らなくて不安だし、かと言って、レンヌ嫌いのアルノは同行するのにあまりいい顔しないし、この冬はやけに雪が降るし。。
と、なんやかや(一度、電車で行ったけれど、受付がお昼の12:30までと知らず、バスを間違えたりしたせいで、時間をすぎてしまい、人はいるのに、受け付けてもらえなかった。。)としているうちに、1月になってしまいました。
(今回は、アルノの方から一緒に行くよと言ってくれたので、アレッサンドロも連れて、車で行ってきました。)


窓口はめずらしくすいていて、たいして待つこともなく。
受け付けてくれたマダムも親切で、問題もなく。
その上、出来上がったら郵送してくれるらしい。
。。ほんとに?

運転免許証は2枚同時に持つことはできない(たとえば、フランスの免許証と日本の免許証)と聞いていて、フランスの免許証が出来上がって、受け取る際に、日本の免許証を渡さなければいけないと聞いていました。
(その日本の免許証は、在仏日本大使館に送られて、希望すれば日本大使館が私達のところへ送ってくれるらしいのです。)
それに、フランスのことだから、絶対に有料だと思っていたのに、何にも払っていないし。
(提出したものは、申請書、パスポートのコピー、日本の免許証のコピーと日本大使館にお願いしたフランス語翻訳のコピー、写真2枚、滞在証のコピー、税金や公共料金の支払いがわかるもののコピー、返信用封筒)

実際、出来上がったフランスの免許証が郵送されてくるまでは、まだ何があるか信用できません。
それに、何を言われても、もう驚きませんよ。
ここは、フランスなので。
posted by bibo at 10:53| パリ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 各種手続き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
プロフィール
名前:bibo
誕生日:1973年
性別:F
一言:フランス語猛勉強?!しながら、写真と料理を!
愛すべきフランス人の偏見にどれだけ耐えられるか?

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。