2010年11月17日

ルノー5

アルノ姉(2番目)夫妻にプレゼントしてもらった車。
不意のできごとでパリに捨ててくることになったプジョー406のあとを、セダンを買うまでのほんの数日だったけれどカバーしてくれて、これからは私の脚になってくれるはずの車、ルノー5。

早速、こわれました。

安全性と利便性を考えて中古のセダンを買った日、乗って戻って来られないので、アルノ実家に置いておいたルノー5。
おととい、アレッサンドロの誕生祝いのあと(1歳になりました!)、実家から乗ってこようと思ったら、エンジンがかからない。
「バッテリーだね。明日、昼間にみて、夕方までに乗って行ってあげるから。」
とアルノママ&パパが言ってくれて、その夜はそのまま帰って来たんですが、きのうふたりがやってきて、
「エンジンが、かかるかと思ったら火を吹いた。だから置いてきたよ。」

コントロールテクニック(車検みたいなかんじ?修理工場とは別の、専門のところでやってもらう)をパスしてきたばかりの状態で、もらったルノー5なのに。
ものすごく古い車だとしても、コントロールテクニックをパスして。。
なんのための、コントロールテクニック。。

ということで、私はまだ運転していません、ルノー5。
簡単に直ればいいけど、高くつくようなら修理できません。。セダン買ったばっかりだもん。。

posted by bibo at 03:02| パリ 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月09日

ひとやすみ

今日はようやく、ちょっと時間ができました。

日本から帰ってきて、車が壊れて、アレッサンドロが一晩入院して(高熱が下がってから、お腹と背中全面に発疹したので、「突発性発疹」だったんだと、日本の本を見てひと安心。三日くらい前に、湿疹も全部消えて、アレッサンドロもご機嫌になりました。)
フラ語クラスが再開して、formation civique(フランスの歴史や社会の仕組みなどを学ぶ、必須の講習)を受けにレンヌまで行って、車を買って。。
などと、毎日落ち着く間がなかったので、ちょっとひとやすみ。

今日は語学クラスの日なのですが(火曜金曜の午前中、週2回)、ルノー5の運転練習をする暇がなかったので、1年半ぶりのマニュアルカーをアレッサンドロを乗せていきなり走るのは、ちょっとこわくて、バスで行こうと思っていました。
そこで、時刻表を見に行くと、朝1番のバスが8:17。
(夏にあった7時台のバスがなくなってる。)
バスの乗り換えがうまく行っても、9時には少し遅れるなと思いながらも行くつもりだったのですが、帰りのバスが、午後の1番が17:00。
散歩したり、買い物したりして時間をつぶそうかと思ったけれど、途中でアレッサンドロのおやつとか、お昼寝とか、それにこの、雨が降ったりやんだりの寒空の下、5時間赤ちゃん連れては無理だよねと思って、今日は休みました。

時間がちょこっとずつでき次第、また人数がとても増えてた語学クラスのことや、formation civiqueのことなど、書いていきたいと思います。
まあ、たいしたことは、何もないんですけどね。
posted by bibo at 22:48| パリ 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月06日

プジョー406

日本から戻ってきたら、アルノの親友の家に置かせてもらっていた車が壊れて工場に入っていたことは、さらっと前に触れました。

どうやら話を聞いてみると、私たちが日本に発った後、アルノ親友が、私たちの車を運転して家まで戻ってくる途中、急に走れなくなってきて車が止まって、JAF的なトラックで工場まで持って行ってもらったとのこと。エンジンオイルが全部流れ出てしまったようです。
いろんな人たちの意見によると、この車が、こんなところが自然に壊れるなんて、ほとんどあり得ないらしく、
やわらかく言うと「おそらく運転の仕方に問題があったのでは?」
いろんな人たちの言葉の通りに言うと、「その親友が壊したんだよ!」
と、みんなが口をそろえて言っているそうです。

一方、アルノ親友は自分が何かしたのかも?的なことを全く言わないので、もちろん謝ることもなく、心配するでもなく、状況説明も曖昧な言い方で、何とも的を得ない。
高速道路で車が止まって、トラックで工場に運ばれたって言ってたけど、家の前にオイルが流れた後が残っているのは、一体なんなの?
私は全く何やらわからなかったので、「それって、どういうことなの?」とアルノに聞いていると、「心配しないで、bibo。大丈夫だよ。」と逆にアルノ親友に言われる始末。

結局、車を修理するとなると、他の部分も見たりしなければならず、かなり高くつくと言うので、そのまま工場に引き取ってもらうことにし、ブルターニュまでは、そのアルノ親友が自分の車で送ってきてくれました。

車は失くなって、送ってもらった往復のガソリン代を払って、なんだか腑にも落ちなくて。。
アルノが、いつも車の状態には気を配って、車に乗っていたのを知っているし、ホイールも新しくしたばかりだし、とっても残念。
大きい都市と違って、電車もバスも1日に4〜5本しかないうちの方では、生活には車が不可欠。
何より、車がないと仕事に行けない!
明日の夜から、もう仕事なのに!!

なので、アルノママ&パパに協力してもらえないか電話をし、続いてアルノ姉(2番目)のところにも帰ってきた報告と車のことを電話で話しました。
すると間もなく、アルノ姉から電話があり、車を1台くれるとのこと!
だんなさんが先月、300ユーロ弱で買った小型車があって、コントロールテクニックが終わって戻ってきたばかりで、まだシートやら掃除やら何も手をつけてない状態ではあるけれど、
「クリスマスだし、やるよ!」
と。

ということで、今は、まだ大変汚い状態のままの、小さいルノー5に乗っております。
アレッサンドロのためにも、明日は車内を掃除して、シートカバーを買ってこようと思います。
でも、本当に助かった。。
いつもいろいろと、どうもありがとうございます!!

補足ですが。。
最近、マニュアル車免許を取ったアルノ親友。
(以前も持っていたけど、失効したので、取りなおした。)
マニュアル車は以前から苦手らしく、アルノがまだパリ近くに住んでいたときに、アルノの車を運転させてあげると、車の正面をぶつけて壊れたことがあるらしい。
2度も。
「いろんな人」の言う通りであれば、今回は3度目か。
真相は藪の中。




posted by bibo at 10:54| パリ ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月03日

体調不良か歯か

我が家に戻ってきた翌日。
旅の疲れか、急に寒いフランスだからか、ウィルスか食べ物か、まだよくわからないのですが、アレッサンドロが夕方から発熱。
翌日、熱はさらに上がり、家にあった解熱のシロップを飲ませても、39度から一向に下がらない。
医者に行きたいけど日曜日だし、翌日の月曜日は祭日でやっぱり閉まっている。
さすがに火曜日までは、待てないので、アルノの出勤とともに、日曜の夕方に病院の救急受付に行きました。

採血したり、様子をみるので、その晩はそのまま病院に泊まり(私も一緒に)、血液検査の結果は何も問題がなかったので、翌日の午後に退院してきました。
今日、ようやく熱が下がり、だいぶ楽になった様子。

ところが。。
どうも歯が痛い様子。
日本にいる間に下の歯が1本生え、今、上の前歯が生えてきているところ。
どうやら、それがどうにもつらいようで、お昼寝も大泣きして目をさまし、口に4本の指をいれて、ベッドでじだんだ踏んでいるくらい。
夜はほとんど目を覚まさないのに、今も時々口に指4本をいれて、大きくうなって起き上がったりしている。

そんなに痛いものなんて、知らなかった。
大人みたいに、痛み止めの薬が飲めたら、どんなに楽だろうに。
そういえば、アルノ姉(2番目)の6か月になる娘ちゃん。もう歯が生えてきていて、痛みを和らげるために、茶色い石のネックレスをしていました。
効くのかなあー、あのネックレス。
男の子だけど、させてもいいかなあ。
posted by bibo at 08:58| パリ ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | べべ&子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
プロフィール
名前:bibo
誕生日:1973年
性別:F
一言:フランス語猛勉強?!しながら、写真と料理を!
愛すべきフランス人の偏見にどれだけ耐えられるか?

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。