2010年06月26日

海デビュー

最近は、あいかわらずワールドカップ(テレビ観戦ですけど。。)で忙しくしています。

フランスの歴史上まれにみる大敗は、国会で話しあわれ、G 20 についての予定が入っていたサルコジ大統領は予定を変更して、ティエリ・アンリと会見するなど、国の大きな問題になっています。
わたしにとっては、イタリアの1次リーグ4位敗退も大きなショックで。。

と、こんな合間をぬって、天気がいいと海にでかけています。
アレッサンドロ、海デビューです。

016.JPG 005.JPG  004.JPG
(カンカル近くのVergerという海。きれいで人も多くなくて、とてもリラックスできます。)


007.JPG 001.JPG 014.JPG
(なぜだか、突然、馬が登場。)

010.JPG

アレッサンドロは、たまった海の水に足をつけると、じっと足をみつめ。。でも、周りの女の子の方が気になる様子。
砂浜に座らせて足に砂をかけ、「足なくなっちゃった?どこ行ったの?」と聞くと、驚いて、泣きだしました。
子供って、本当におもしろい。

posted by bibo at 00:49| パリ | Comment(6) | べべ&子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月14日

ワールドカップで認識

サッカーワールドカップ初日、フランス戦がありました。
ジャッジは日本人。

その日は、わたしの機嫌がものすごく悪くて、フランス戦にテンションが上がりっぱなしのアルノと正反対に、どんどん気持ちがおちて、イライラが増していきました。
そして夜。フランス戦。
アルノの同僚で親友のジュリアンが、仕事が終わってからうちに来て、一緒にサッカー観戦。
私は機嫌が少し落ち着いてはいたのだけど、アレッサンドロのことをいろいろしていて、なかなかテレビを見れずにいると、テレビの前から
「オー、シノワー、ラ!」
とか
「セ クワ サー、ジャポネ!」
といった言葉が聞こえてきました。
間違いなく、ジャッジのことを言ってる。。アルノとジュリアン。。

別に、ジャッジに文句をつけるのは全く気にしません。そんなのはよくあること。ただ、日本人に「シノワー(中国人)」とか「なんだよそれ、日本人」みたいな言い方にカチン。
フランスではこういう言い方、よくあることです。日本人に対して悪意があっての言い方とは違います。
なので、ふだんならスルーしていたかもしれません。
けれど、その日は機嫌が悪かったのです。
落ち着いてきていた機嫌がまたイライラ。それに、知らない人ならともかく、家族やその友達にそういう言われ方をしたことに、余計に腹がたってイライラ。
大体、ジャッジは「彼」の問題であって、日本人とかアジア人とか関係ないし。

日本にいた時は、「日本人であること」について考えたことも、特に意識したこともありませんでした。でも、こうして外で暮らしていると、周りから、いやでも自分が「日本人であること」を認識させられます。
でも。。
こんな形でしか、日本人であることを考えないなんて、やっぱり私の意識が薄弱すぎる?アイデンティティとは?
posted by bibo at 11:02| パリ ☁| Comment(8) | foot | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ワールドカップ

チャンピオンズリーグをテレビで見るには、有料のチャンネルなのですが、ワールドカップは普通に見れます、全試合!
宅配もするピザ屋さんでは、毎日の試合のスケジュールをピザの広告とともに、お店に置いて配布しています。
海で会った見知らぬおじさんとも、その日の試合の話になります。
まあ、フランスなので当然といえば、当然。

ということで、いよいよ今日は日本の初戦、対カメルーン。
フランスでは16:00開始予定。(だと思う。)
今回、日本チームにあまり熱くはなっていないのですが、このグループはなかなか難しいチーム揃い。対カメルーンだって難しいのですが、カメルーンの他は、もっと勝つ可能性が低いので、やっぱり見ておかないとと思います。

今日は、食料の買い物に行く予定だったので、
「買い物に行きたいけど、日本戦を見たいから16:00までには帰ってくるように、早くでかけよう!」
とアルノに話していたのですが、日本戦の前にオランダ×デンマーク戦があることに気づいて、今日は買い物に行くのをやめることにしました。どちらかと言うと、オランダ戦の方が見たいし。

夜は、イタリア戦!
アレッサンドロ・デルピエロはいないけれど、やっぱりいちばん気持ちが入るのはここ。



posted by bibo at 10:13| パリ ☁| Comment(0) | foot | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月08日

1年

最近、いろんな手続きに対する不満や文句を書いていないのですが、もちろん何もないわけではありません。
どれもこれも文句ばかり書いていると気が滅入るので、スルーするようにしているわけです。
プラス、アルノもそんな手落ちの手続きの対応に慣れてきたので、ひとりで済むことは、ちゃっちゃと片づけてきてくれます。
私が一緒=アレッサンドロも一緒となると、いろいろ時間がかかると面倒だし。

ただ、何にもないこともあります。

滞在証。
まだ、受け取っていません。

結婚後、配偶者ビザを日本で受け取ってフランスに戻ってきてから、来週で1年。
いまだに、滞在証申請後に受け取ったレセピセ(領収証のようなもの)を、滞在証がわりに携帯しています。
それにも期限が書いてあって、その期限が切れるとそのレセピセを更新すると、サンマロに住む日本人の女の子から聞いていました。実際、彼女もサンマロに住むほかの日本人も、期限が切れるごとに更新を繰り返していました。
が、同じ県内なのに、以前住んでいたDinardの警察署でも、いま住んでいるMiniacの市庁でも、「県庁で把握しているので、更新の必要はありません。」と言われました。
なので私は、レセピセも、引っ越して住所が変わった際に一度、更新したきりです。
何度も更新している人もいるのに、これで本当に大丈夫?
いまだに、訳がわかりません。
きっとこれが、フランス。

慣れてきたとはいえ、日本人女子にとっては、やっぱり不安です。

ちなみに、健康保険も私のカードはまだ持ってません。
滞在証がないので、やっぱり、まだもらえません。
まあ、アルノのカードで私の分も使えるようになっているので問題はないけど。

posted by bibo at 09:17| パリ ☁| Comment(6) | 各種手続き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
プロフィール
名前:bibo
誕生日:1973年
性別:F
一言:フランス語猛勉強?!しながら、写真と料理を!
愛すべきフランス人の偏見にどれだけ耐えられるか?

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。